てっぺんハゲの治し方!理由と原因、実は遺伝じゃない?

てっぺんハゲは遺伝のせい?

てっぺんハゲ。それは隔世遺伝からなる、本人にはどうしようもないある種の個性。もちろん若い時から対策をとっておけば進行を遅らせることもできるらしいですし、お金を使えば植毛だってできます。
要は遺伝なのでしょうがないと割り切るしかない。その対応を考えればいいのだと思います。
私だって二重のぱっちりおめめに生まれたかったのに、一重の平安美人顔に生まれてしまいました。遺伝のせいです。
そういうわけで、生まれもった本人にはどうしようもなかったことは、現代の力を借りてカバーするしかありません。
てっぺんハゲはいいと思います。だってかぶせればいいだけなので。
もしくはお金を出して毛を買えばいいのです。そして植えるか貼りつけるかすればいいのです。
女の人も同じです。綺麗になりたい女の人は、最終的に顔にメスを入れればいいのです。もちろん化粧でもごまかせます。なんならマスクをかぶれば半分隠せます。
そういうわけで、外に出る分にはなんら臆することはないと思います。特に医療技術がすすんだ今の世の中においては
ただ、素に戻った時が少し自分と向きわないといけなくて辛い瞬間があるかもしれません。
そして、やがて恋をして結婚への道のりに入った時に、デメリットとしてでてくるものかもしれません。
我が家にはてっぺんハゲの遺伝子が一切ありません。
それは大げさかもしれませんが、私が産まれた時にいた親族にはハゲは1人もいませんでした。
よって、好みの男性の話になった時、母も祖母も図ったかのように「てっぺんハゲはちょっと・・」といったのを鮮明に覚えています。彼女たちいわく、「どう対応していいか分からないから」だそうです。見ちゃいけないのに視線が向いてしまうそうです。
ここまで一生懸命フォローを述べてみましたが、そんな二人の血をひいた私も、残念ながら同意見です。ドンマイ。

てっぺんハゲの原因

てっぺんハゲになる原因は、さまざまですが、主な原因は以下の通りと言われています。少しでも心当たりがある場合は、必ず改善・対策をするようにしていきましょう。

遺伝

親、おじいちゃん・おばあちゃん、もしくは近親にハゲの方が居ると、てっぺんハゲになりやすいと言われています。

なぜなら、同じような食生活や生活習慣になってしまう場合が多いからです。家族なので子が親に似るように、ハゲになる原因まで影響を受けて育ってしまうのです。

それ以外にも遺伝子的な要因が考えられます。
実際にハゲやすい体質の人のX染色体には、男性ホルモンの受容体や遺伝子に異常があるそうです。
ちなみにX染色体は母親からしか受け継がれないことが分かっているので、
母親がハゲている場合、その遺伝子を引き継いでいる可能性が高いです。

どちらにせよ、近親にてっぺんハゲの方がいたら、早めから育毛剤や育毛サプリなどを摂取して、予防しておくことが大切になります。早く手を打てば打つほど、ハゲになる可能性は低くなります。

食生活が乱れている

食生活とハゲには密接な関係があります。

食べ過ぎによる肥満体系の人は汗をかきやすいので、正常に頭皮の皮脂分泌が行われなくなります。そうすると、抜け毛が増えます。肥満の方は運動不足により血行不良にも陥りやすくなるので、自分の体重をしっかり管理することが大切です。

次に、脂っぽい食事が多い人。ついついコンビニ弁当などが多くなってしまうと、唐揚げ弁当やチキン・コロッケなど脂っぽい食事が多くなってしまいます。油分の多い食事ばかりになると、過剰な皮脂分泌に繋がるので、バランスのとれた食事が大切なのです。

お酒好きの方も要注意です。お酒にはストレスを解消したり血行を促進するなどの効果もあり、百害あって一利なしというわけではありませんが、飲みすぎは毛髪にとってよくありません。飲みすぎにより肝臓に負担がかかるとタンパク質の生成に影響を及ぼすので、発毛に悪影響と言われています。てっぺんハゲになる前にお酒は控えるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

男性ホルモンのテストステロンが酵素5aリダクターゼと反応しできる「DHT(ジヒドロテストステロン)」というのが、薄毛に直接影響を与えることがわかっています。これらのホルモンバランスが乱れてしまう直接の原因は分かっていませんが、男性ホルモンの分泌が異常な場合起こりやすくなるそうです。

DHTを抑制する育毛剤やサプリなどもありますので、積極的に利用していくようにしましょう。\

頭皮の血行が詰まっている

運動不足や、皮脂の分泌が異常な場合は、頭皮の血行が詰まっている場合も考えられます。頭皮マッサージは発毛に大変効果的ということが分かっていますので、ぜひとも行うようにしましょう。必ず清潔な手で行ってください。

ストレス・睡眠不足

ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れは、抜け毛につながります。交感神経と副交感神経の二つを合わせたものを自律神経と呼んでいます。これらは髪の毛を育てる役割を担っていて、発毛・育毛と密接な関係があるのです。なるべくストレスはため込まないようにしましょう。

過度な整髪料(カラーリング・パーマなど)のし過ぎ

髪の毛や頭皮を痛めてしまう原因に、界面活性剤が含まれた整髪料を使用することが考えられます。界面活性剤とはクレンジングや洗剤などにも含まれている成分(油)なのですが、スタイリングを長持ちさせるために整髪料にはたくさん含まれているんです。汗や手で触るなどして頭皮についてしまった界面活性剤が毛穴詰まりを引き起こして皮膚呼吸を阻害したりする可能性があるので、薄毛に悩んでいる方は、なるべく整髪料の使用を控えるようにしたほうが良いでしょう。

皮脂分泌が正常でない

髪の毛が生えているところには、必ず「皮脂」が存在します。この皮脂が毛穴などに詰まることにより、トラブルを引き起こすのです。

薄毛の原因となる物質は「男性ホルモンのテストステロンが変化した、ジヒドロテストステロン(DHT)」ということが、研究の結果わかっています。このDHTは、体毛を濃くしたり、ニキビを作ったり、皮脂の分泌を増やしてしまうなどの肌トラブルを引き起こすことが分かっています。

付けられた別名は「悪玉男性ホルモン」です。

つまり、ジヒドロテストステロンを抑制することにより、てっぺんハゲ改善・ニキビ改善などの効果が期待できるわけです。

喫煙・タバコの吸いすぎ

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があります。さらにはビタミンCが破壊されるなどのリスクもあります。ビタミンCは亜鉛の吸収を高めてくれる効果があるので、毛髪に欠かせません。てっぺんハゲが進行する前にタバコは「絶対に」吸わないようにしましょう。

どうしても禁煙できないという方は、一日の本数を減らし、きちんとビタミンCと亜鉛を摂取することにより、毛髪に及ぼす影響を少なくすることができます。

てっぺんハゲはモテない?

学生時代からの気のおけない友人と集まったりすると
とても楽しいし、どんな話題でも盛り上がります♪

でも一番の話題といえば
なんだかんだで恋愛話ですよね!

独身も既婚も、それぞれの状態なりに
良いことや悪いこと、話したいことがいっぱいあると思います。
中には重い話もありますが…。

あと、それ以外に頻繁に話題にあがるのが
好きな人のタイプ!!

芸能人の顔写真を並べたりなんかして、この顔が好みだとか
いやいや顔よりも性格第一で、優しい人が良いだのとか
でも、自分より背が低いのは嫌だよね、とか。

先日、数人の友人と集まることがあって
いつも通り恋愛の話になったんです。

その時のテーマが少し面白くて♪

ちょっとひどいとは思いますが
『ハゲてる人って異性として見れる?』っていうテーマで。

ハゲはちょっと…でもカツラがあればいいんじゃない?とか
てっぺんからなのかオデコからなのか、ハゲ方による、とか
いろんな意見が上がりました。

他にも意見があり、いろいろ議論(?)をした結果
その場の皆の総意は一つに決まりました。

それは
『ハゲてる人を好きになる可能性は低いけど
既に好きになってしまった人がハゲるんだったらしょうがない』
ということ(笑)

なので、ハゲてる人と付き合う可能性は低いけど
付き合って月日を重ねて、相手がハゲてしまうんだったら
許容ができる、というなんとも自己都合な結果となりました。

いつか自分もハゲるかも…と思うと
明日は我が身だな、と私も、そこにいた友人も皆しみじみ髪の毛を触ったのでした。

潔くスキンヘッドにする方法もある

私はハゲというか、スキンヘッドの男性が割と好きです。もともとスキンヘッドにしているのでしょうが、恐らてっぺんハゲが気になって思い切ってスキンヘッドにしてしまったという人もいるはずです。
何と言うか、隠していないハゲは堂々としているというか、自信があるというか、表現は難しいんですが魅力的なんです。
逆に、てっぺんハゲが進行しハゲが広がっていて、それを隠すために髪の毛を不自然に伸ばして覆っているというのは魅力を感じないんです。もちろん、10円ハゲくらいで隠しているのならそこまで不自然ではないんですが、何と言うか、バーコードハゲというのは魅力を感じないんです。
それを考えると、思い切ってスキンヘッドにしてしまう人なんかは潔くて素敵だなぁ、と思ってしまいます。もし、実際に、てっぺんハゲになってしまったら思い切ってスキンヘッドにしてしまうという選択ができるかどうかはわかりません。もしかしたら、だからこそスキンヘッドの人に憧れのような魅力を感じているのかもしれません。
ハゲの人にはハゲの人なりの悩みがあるんだと思います。ですが、それを悩んでいると雰囲気から自信がないように見えてしまうこともあるんです。何も、ハゲ始めた人は皆、スキンヘッドにする必要はありません。ですが、気持ちだけは前向きに生活していると、スキンヘッドの人のように自信があるというか、堂々としているというか、そういったオーラを放てるのかもしれません。ハゲているということを気にせず生活することでより魅力的になれるかもしれません。

てっぺんハゲは老けて見える

てっぺんハゲは通常の年齢よりも老けて見えます。これは私が、てっぺんハゲは老けて見えると思ったエピソードです。

一週間に一度は合う業者の人。物腰も柔らかくベテラン風で、知識も豊富。みんなからも信頼されているし、なにより頭髪がかなり薄かった(いわゆる、てっぺんハゲです。)ので、四十には間違いなくなっていると思っていた。自分が四十半ばなのだけど、同じくらいかそれ以上なんだろうなと思って接していたのだが、先日同じ部署の30そこそこの同僚がとてもフランクに話していて、業者もすごく自然に対応していた。人間できてるなあと思ってみていると、同僚が「あの業者さん、いくつに見えます?」と聞いてきた。「40は超えてるよね。私と変わらないくらいだと思うんだけど。」と言ったところ、同僚はくすくす笑いながら「30ですよ。私と一緒です。」とのこと。同僚は年齢相応にふさふさしており、その豊かさで色んなヘアスタイルを楽しんでいる。しかし同じ年なのに?業者さんはいつも当然だが同じスタイルだ。そういわれてよくよく業者さんを見てみれば肌はつやつやしているし、わずかにと言ったら失礼かもしれないが残っている毛は確かにみな黒い。髪が増えれば絶対に自分より年上だなんて思えないはずだ。ということは今まで逆に自分が丁寧な年上向けの対応をしていたのを内心では苦々しく思っていたのかもしれない。でも今更急に年下向けの対応をするのもわざとらしく、悩ましいが今までとおりにするしかないのだろう。これから年齢は頭髪で判断するのではなく、なるべく肌だとか残りの髪の色を見てからにしようと思った。

てっぺんハゲでも自信を持て

てっぺんハゲは遺伝する、家系にそちらの傾向の人が多ければ、子供たちもそちらの傾向になるというけれど、本当なんだなと思う実感する出来事がありました。というのも、おハゲさんの夫の家族が一堂に会する機会があり、親族の男性陣が並んで座っていたのですが、ものの見事に同じ傾向の頭が並んでいました。神妙そうに控えている嫁(私)がそんなことを思いながら、伏し目がちにしているとは誰も知らないと思うと、妙におかしかったです。
それで、気が付いたことなのですが、夫の一族はハゲ率が高いせいか、女性陣を含め、本人も家族もハゲを皆、気にしていません。それどころか、イタリア男的に坊主にしてみたりして、それぞれに格好良くしているので、それはそれでありなんじゃないと思わせます。どうしてありなんじゃないと思うかというと、そろいそろって自信ありげだからです。だから、自信って本当に大切なんだなと思います。
そういえば、結婚する前、夫は、てっぺんハゲは男性ホルモンが豊富である証拠なんだ、すなわち男らしいってことなんだと言っていました。初めてそれを聞いた時は、この人、突然、何、言ってんだろうと思ったのですが、堂々とそんなことを言うものだから、妙な説得力がありました。
かくいう私の家族も、立派なハゲ族です。だから、私たちに息子が生まれたら、確実にてっぺんハゲになることでしょう。本人は嫌かもしれませんが、私個人としては、てっぺんハゲになったら、なったで良いです。夫の一族のように、てっぺんハゲだからこそ醸し出せる迫力と自信を身に着けてほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました