てっぺんハゲに悩む女性が増えている原因と対処法

てっぺんハゲで悩む女性は非常に多いです。

女性の社会進出が当たり前になり、現代社会で生きる女性達はストレスを抱えて生きているため「てっぺんハゲ」になってしまうことも多々あるそうです。疲れやストレスによるホルモンバランスの乱れが、薄毛を引き起こします。加齢も薄毛の原因の一つですが、最近では若い女性も多く薄毛に悩んでいるのです。

特に女性の場合は、地肌が目立つ、抜け毛が目立つとなると、なかなか人には相談しにくいですよね。

実は男性の薄毛と、女性の薄毛というのは原因が違う場合があるのです。
今回は女性に起こりがちな脱毛症をそれぞれ詳しく解説していきますので、
自分がどの症状か考えてみてください。

AGA(男性型脱毛症

男性ホルモンのバランスが崩れて引き起こされる。よくある中年男性のようなハゲ方をしている場合は疑ったほうがいいです。

ひこう性脱毛症

特徴としては、フケが多く出ていることが挙げられます。フケが多いからひこう性脱毛症になるわけではなく、ひこう性脱毛症だからフケが多いのです。もしも、薄毛に悩んでいて、かつフケやかさぶたのようなものが頭皮にできている場合は、ひこう性脱毛症の可能性があります。

頭皮のかさぶたは、炎症の痕です。シャンプーの際に爪で頭皮を擦りすぎてしまったり、刺激の強いシャンプーを使い続けていたことが理由で起こる場合があります。誤った洗髪が原因であることが多いです。また、洗髪後にきちんと頭皮ケアをしていなかったり、パーマ材を過剰なまでに使用してしまったり、過度なカラーリングも原因となります。

牽引性脱毛症

こちらは、分け目が薄いことで悩んでいる方が多いです。てっぺんハゲとは少し違いますが、ポニーテールやお団子など、髪を結ぶようなヘアアレンジをしている女性に目立ちます。毎日髪を結ぶのは頭皮には悪影響を及ぼすといわれているので、健康な頭皮をキープするためにも毎日同じヘアアレンジをしないように気を付けましょう。

髪質が弱るだけでなく、圧迫性脱毛症と呼ばれる、頭皮が圧迫されることにより起こる脱毛症を引き起こす場合もあるのです。

このように頭皮に負担が掛かると、血行が悪くなって毛根や髪の毛に栄養が行きわたらなくなります。たんぱく質などが足りない髪の毛は薄く細くなっていきます。

<h4>牽引性脱毛症</h4>
こちらは、分け目が薄いことで悩んでいる方が多いです。てっぺんハゲとは少し違いますが、ポニーテールやお団子など、髪を結ぶようなヘアアレンジをしている女性に目立ちます。毎日髪を結ぶのは頭皮には悪影響を及ぼすといわれているので、健康な頭皮をキープするためにも毎日同じヘアアレンジをしないように気を付けましょう。

髪質が弱るだけでなく、圧迫性脱毛症と呼ばれる、頭皮が圧迫されることにより起こる脱毛症を引き起こす場合もあるのです。

このように頭皮に負担が掛かると、血行が悪くなって毛根や髪の毛に栄養が行きわたらなくなります。たんぱく質などが足りない髪の毛は薄く細くなっていきます。

頭全体が薄い

コメント

タイトルとURLをコピーしました