膝の黒ずみケアおすすめランキング

最近は保湿化粧品のジャンルでも、たくさんの種類のものが販売されています。乾燥肌対策、シミ・シワなどのエイジングケアなど具体的な作用面に着目したものから、化粧水、美容液、オールインワンクリームなどのアイテム面でも、種類の多さには目を見張るものがあります。その中で、膝の黒ずみケアとして使えるのは、美白作用が期待できる保湿化粧品。しかも、膝という厚い角質に対応できるものであることが重要です。

ところが、最近ではコストパフォーマンスを重視する方が増えた背景からか、膝の黒ずみケアとして殆ど効果が期待できないものや、誤った使い方をしてしまう方もいるのが現状です。例えば顔のお手入れ用として使われている化粧水やクリームを膝に塗っていたり、角質を溶かすピーリングを余計に繰り返したりする方法です。

保湿化粧品は治療薬のように危険な副作用はないから安心してたっぷり使えると思われがちです。たしかにその通りかもしれませんが、たとえどんなに安全なものであっても、使い方が間違っていれば効果が出るどころか、余計に黒ずみを濃くしてしまう結果にもつながりかねません。当ページでは、膝の黒ずみにコンプレックスを持っている方が効率的なケアを続けるための参考になる情報を更新していきます。

角質対策と併せて使える保湿化粧品

膝の黒ずみをケアして目立たなくしていくうえで重要となるのがメラニン色素の生成を抑えたり、肌の代謝を促したりする作用。そのためどの美白化粧品にもシミのケアとして有効とされる成分を配合されています。化粧品会社によっては独自の研究施設を持っていて、シミを薄くする効果のある新成分を開発したり、既存の美白成分の浸透力を高めたりと、どんどん進化しています。

ですが、残念ですが膝にその美白系の保湿化粧品を塗る場合は事情が異なります。膝は厚い角質に覆われているため、化粧水を塗ってもクリームを塗っても、美白成分が浸透しないのです。つまり、何層にも重なった角質が障壁となってしまい、必要な成分が必要なところまで届かないのですね。なので、まずは角質という障壁をピーリングなどで一時的に壊す必要があるのです。

それか、最近では角質で覆われた肌でも保湿&美白成分を浸透させる技術を活かして開発された保湿化粧品を選ぶのも効率的といえます。
ただし、保湿化粧品も間違った方法で使うと逆効果です。当ページでは、保湿化粧品の間違った使い方や選び方で膝の黒ずみを濃くしてしまわないために効率的と思えるものや考え方などを紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいませ。

誰でもできる!膝の黒ずみを予防する方法

膝の黒ずみは日ごろの生活習慣を見直すだけで簡単に予防することができます。現在、何らかの塗り薬や保湿系の化粧品等を使って膝の黒ずみをケアしている方の中には、なかなか思うような結果が出ずに困っている方もいることでしょう。

結果が出ない原因は、その化粧品にあるわけではありません。日頃の生活習慣の中で、膝の黒ずみを悪化させてしまうような癖があるからです。その癖が膝の黒ずみの予防方法や解消法の効果を妨げているわけです。

ちゃんと美白効果や保湿効果が発揮されていても、日常の癖によって膝の黒ずみのケア効果が薄れてしまっているだけです。解りやすく例えるなら、車のアクセルを踏みながらブレーキをかけている状態ですね。このページでは、そんな癖を解き、膝の黒ずみ予防法の効果を着実に得続けるための方法を紹介していきます。

現在進行形で膝の黒ずみに悩まれている方なら短期間で元の肌色に戻るかもしれませんし、綺麗な脚を維持したい方なら黒ずみの原因であるメラニンの蓄積を抑えることもできるかもしれませんよ。

2種類の刺激を与える生活習慣を改めよう

膝の黒ずみの予防法として最も重要なことは2種類の刺激を避けること。ひとつめの刺激は摩擦で正座やハイハイのような動きが代表的なもの。他にもスキニージーンズによる摩擦やお風呂でのゴシゴシ洗いの刺激も膝小僧の辺りに黒ずみを作る原因になります。

これらの刺激によって過剰に生成されるメラニン色素は膝の角質に沈着し黒ずみとなって残ります。本来は紫外線や次回予想される刺激にも耐えうる肌を作るために生成されるものなので、その刺激を受ける頻度が減ったり弱くなったりすれば、肌のターンオーバーによって自然に排泄されるもの。その結果、膝の黒ずみも徐々に薄くなっていくわけです。

その反対に、いくら即効性があると謳うクリームや薬を塗っていても、2種類の刺激の頻度や強さがマイナスになっていなければ、膝の黒ずみを予防する方法としての効果はあまり期待できませんね。

適切なケアを途中で止めない

膝の黒ずみ予防法の2つめは適切なケアを途中で止めないこと。せっかく効果があると言われている膝の黒ずみケア方法も続けなければ良い結果に結びつくことはありません。でも残念ながら、そんな効果的な予防方法も3日坊主で止めてしまう方が多い現状があります。

これは一つの行動が習慣として身についていないことが原因です。人は命の危険を感じない限りは急激に変化することはありません。人の習性として少しずつしか変わっていくしかありません。そして実際に一つの行動が習慣として身につくまでには3週間ほど時間がかかるといわれています。

これは膝の黒ずみを予防する方法も同じです。ひとつの効果的な膝の黒ずみ予防&ケア方法を習慣として身につくまでにはやはり3週間ほどかかります。それまでの期間は意識的に入浴後の時間を利用して膝の黒ずみ予防法を根気よく続けましょう。

夜更かしの癖を止めよう

膝の黒ずみを予防する方法の効果を最大限に高めるためにも睡眠の質は重要です。夜更かしによる睡眠の質の低下は、肌の代謝に悪い影響を与えます。その結果、肌のターンオーバーも乱れ、膝に黒ずみが残ったままになってしまいます。

せっかく膝の黒ずみを解消&予防方法が身についても、夜更かしの癖が残っていれば前身したり後退したりの繰り返しです。夜更かしの要因になっている、寝る前のスマホやパソコンを操作する癖を1日だけでも止めてみましょう。きっと、膝の黒ずみの予防効果も高くなるはずですよ。

膝の黒ずみ 改善効果が実感できるまでの継続期間

お肌のメカニズムや美容に詳しい専門家は、一つのケア方法を最低でも3カ月間は継続することをすすめているそうです。まぁ、専門家によって3カ月だったり2カ月だったりと情報は錯綜していますが、肌のターンオーバーというメカニズムから考えると、やっぱり2カ月以上は継続しないと膝の黒ずみを改善することは難しいかな〜と思います。

ちなみに、肌のターンオーバーとは皮膚の新陳代謝のことで、28日前後で新しい皮膚細胞に入れ替わるのが理想と言われています。約28日に近づけることによって、潤いがあり、黒ずみが目立たない膝に近づけていくことができるわけです。

ということは、膝の角質のターンオーバーが28日前後の周期に整えるまでの期間が数週間ほど。その後から徐々にメラニン色素が蓄積した皮膚が代謝と共に排泄されながら、黒ずみも薄くなっていくと考えられます。

そんなメカニズムから考えると、膝の黒ずみが薄くなるのが実感できるまでの期間は最低でも2カ月ほど。つまり、改善策として肌のメカニズム的に理に適っている方法であっても、最低2カ月は同じケア方法を継続する必要があるということですね。

逆に言えば、皮膚科学やスキンケアの原則に沿っていない民間療法的なケア方法は、いくら継続しても喜ぶような結果には結び付きません。レモンを使えば肌が白くなる・・・・、ヨーグルトを肌に塗れば黒ずみも消せる・・・、なんて素人の口コミ情報の中には、継続すると黒ずみが改善されないどころか、別の肌トラブルを引き起こす可能性もあるので注意してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました