肌に優しいクレンジングランキングTOP10

お肌に優しいクレンジングの選び方

今の季節にこそ、クレンジングを見直し、
お肌の調子を整えておくことで夏の強い陽射しによる紫外線、強いクーラーの冷気による乾燥などのダブルコンボからお肌を守り、しいては、シミ、シワなどの肌老化も防ぐことが出来るのです。
普段メイクをしない方でもクレンジングは大切です。肌のターンオーバーを正常にし、多少のダメージを受けても肌再生を促す為にクレンジングは不可欠です。

あなたはどのようなタイプのクレンジングを使っていますか?

まず、オイルクレンジングですが、
油分でメイクをしっかりと落としてくれますが、油分が残りやすいので、クレンジング後の洗顔でどうしてもソープ剤等でしっかり洗い流したくなってしまい、その結果、皮膚に大切な潤い成分まで洗い流してしまいがち。
この潤い成分が不足すると、いくらローションなどを付けても、お肌になかなか浸透していかなくなるのです。
乾いた砂を想像してください、表面上少し湿ってもすぐに乾いてしまい、元々あった水分まで奪い去るという最悪な結果になりかねません。

次に、ローションタイプのクレンジング剤ですが、コットンに含まれていたりするタイプもあり、非常に手軽ではありますが、お肌に刺激の強いエタノールなどが配合されているものもありますので、お肌の敏感な方や乾燥が気になる方は気をつけましょう。
肌老化の一番の大敵は乾燥です。

その他にもミルクローションタイプやリキッドタイプなど、様々なものがありますが、
お肌に刺激が少ないと洗浄力に事欠いたりと一長一短ですね。
基本的にクレンジング剤の成分で汚れを落とすので、その力が弱ければ、お肌への負担は少なくても汚れ落ちに不満が残り、ダブル洗顔で結局、お肌をゴシゴシやってしまうのですから、何だか本末転倒です。

私のオススメは、ホットクレンジングです。
潤い成分と温熱効果(心地よい温かさです)
で、汚れを”落とす”のではなく、”浮かす”
毛穴に溜まった汚れも浮き上がり、スッキリ落とすのに、潤い成分で必要な油膜を剥がしません。必要な油膜を剥がさないから、化粧水の浸透率が大幅にupします。
温熱効果でお肌の血行を良くしますので、
むくみやくすみ防止にもなりますから、小顔効果にも繋がるかも知れませんね。

最近お肌の調子が良くない、乾燥や肌あれ、くすみが気になるという方は毎日使うクレンジング剤がお肌にあっていない、もしくはそれ自体がダメージの原因になっているかも知れません。
是非今一度、お肌にとって過酷な夏が来る前に毎日使うクレンジング剤を見直してみてはいかがでしょうか。
お肌にやさしいクレンジングを使って、夏が来ても、怖くない、健康でクリアな美肌作りを目指しましょう。

化粧はしっかりと肌に優しいクレンジングで落とそう

疲れてメイクをしたまま夜寝てしまった….なんて経験はありませんか?
メイクや汗が酸化して、皮溝に溜まった汚れはなかなか落ちにくく、ニキビダニの繁殖や黒ずみ、肌あれの原因になり、時にアレルギー性の皮膚炎なども引き起こす場合があるので絶対に辞めましょう。
お肌にやさしく、その上、潤いケアの出来るクレンジングを使って、しっかりメイクを落として美肌作りを目指しましょう。

お肌に合わないクレンジング剤を使うのも、
様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。
油分の多いクレンジング剤は、脂性肌の方には向きません。どうしても油分過多になり、ニキビや吹き出ものの原因になります。
かといって、サッパリさせ過ぎると水分不足に。また、乾燥肌、敏感肌の方にも油分が刺激になって、痒みを起こす原因になる場合があります。
どんな肌タイプにも、向いていると言うと、一番はジェルタイプがお肌にやさしく作用してオススメです。ジェルタイプは、汚れをやさしく浮き上がらせてくれ、お肌への負担が少なく、必要以上に洗浄してしまうことがなく、お肌を乾燥させにくいので、肌老化の防止になります。
きちんと用量を守って使用することがポイントです。
少ないと、汚れがお肌に残ってしまいますし、多過ぎるとクレンジング成分がお肌に残ってしまい、肌に負担を掛けます。
決められた用量には、お肌の汚れを取って、潤いを保つ絶妙なバランスがあります。
このポイントはしっかり、押さえて使用しましょう。

普段メイクをしない方でも、夏場になると日焼け止めだけは忘れない、という方も沢山いらっしゃると思います。
日焼け止めの成分には、お肌に負担になる成分も含まれており、SPFの高いものは、日焼けはしっかり防げますが、肌に良いかということとはまた別の話しになります。
”ベタつかない、サラサラタイプを使用しているから、夜はソープで洗うだけで大丈夫”と、思っていませんか?
サラっとした、日焼け止めにはシリコンなどを配合して、サラサラさせている場合もあります。それを夜まで汗やメイクが混じった汚れと一緒にお肌に密着させているのです。
しっかり汚れを浮き上がらせ、お肌の再生力を高める為にも、肌ダメージのないクレンジングで、お肌を清潔に保ちケアすることがいかに大切かお分りですよね。

お肌への負担は、最小限でしっかり汚れを落として、更に潤いケアが出来るジェルタイプのクレンジング剤を是非見直してください。
シミ、シワの原因にもなるゴシゴシ洗いも不要なジェルタイプのクレンジングは、アンチエイジングにも不可欠です。

お肌に優しいジェルタイプのクレンジング

春にお肌が、荒れがちになる方がとても多いのは、環境の変化によるストレスや花粉症などのアレルギー症状に加え、紫外線が一気に強くなってくる季節からです。
春に弱まった肌が夏の陽射しに晒される…想像しただけで、気分が落ち込みますよね。
まさしく、肌荒れ自体が精神的なストレスになります。
メイクも乗らず、おしゃれをしてもイマイチ楽しくないなんて悲しいですね。

肌トラブルを解消して、
そんな悪循環をきっぱり断ち切りましょう。
肌荒れなどの肌トラブルが起きやすいのは、
肌のバリア機能の低下によることが多く、お肌が何らかのダメージを受けた時に、表皮にまで届いてしまい、その上、回復する力が弱まっているから。
健康な肌は、ダメージを受けても再生力があるので、きちんと回復してくれます。
まずは、肌のバリア機能を高めましょう。その為には、質の良い食事と睡眠がとても大切です。その上で、スキンケアに大切なのは、まずは肌を清潔に保つことと、潤いを保つことです。スキンケアは、清潔と潤い以外に無いと言ってもよい程大切です。

汚れた肌にはいくら高価な化粧水を付けても意味がありません。汚れたタオルで顔を拭くのと同じです。汚れと言っても、メイクはしないし、汗もあまりかかないから…と、安心してはいけないのです。
大気汚染防や排気ガス、目に見えない、チリやホコリなど、お肌は常にストレスや汚れに晒されているのです。

その日のお肌の汚れを、その日のうちにしっかりと落としてあげてください。
ストレスに晒されたお肌は、思いのほか弱っています。ゴシゴシ洗いや刺激の強いクレンジング剤は禁物です。
ゴシゴシ洗いは、シミやシワの元になり、肌に合わないクレンジング剤は、新たな肌トラブルの原因となります。

そこでオススメは、お肌にやさしいジェルタイプのクレンジングです。
お肌に負担を掛けずに
皮脂や不要な角質汚れをしっかり浮き上がらせてくれますが、お肌に必要な成分を洗い流し過ぎませんので、肌のバリア機能を正常に保ってくれる効果もあります。

食事にも気を遣い、睡眠もしっかり取れているのに肌荒れが気になる…という方は、
一度クレンジング剤を見直してみてはいかがでしょうか。
バリア機能を高めて、”保湿出来る肌”を目指して、肌トラブルとさよならしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました