カラコンの着色直径とは

カラコン選びをしたり、購入をしたりする際には着色直径をよく見ることがとても重要です。 カラコンの着色直径をよく見てカラコン選びをしないといけない理由があります。

それは、「着色直径の大きなサイズのカラコンならデカ目効果を存分に引き出してくれる」ということ。
つまり、「デカ目効果を引き出したい!」という場合にはしっかりと
着色直径を見る必要があるということですね。

多くの場合、カラコンを付ける目的は「デカ目になりたいから。」ということが挙げられます。
その場合には、この着色直径のサイズをよく見て購入をするようにしてください。
ただ、着色直径が大きすぎるカラコンにはデメリットもあるみたいですよ。
それは「付け心地が悪くなる」ということのようで、
「デカ目効果を引き出すために、付け心地が悪くてもそれを選ぶ」か
「付け心地を重視して、それなりのサイズのカラコンを選ぶ」の2択があるということみたいですよ。

着色直径があまりにも大きすぎると、それはカラコン自体の付け心地にも
影響を及ぼすということです。 この「着色直径と付け心地はどちらを取るべきか?」ということで、
悩んでいるという方は結構沢山いらっしゃいます。
ここでポイントなのですが、デカ目ばかりにこだわる必要はありません。
最も重要なこととしましては、「付け心地が良くて、それなりにデカ目を得ることができる。」ということ。
付け心地の悪いカラコンは、そもそも長く愛用をしていくことができません。
ですので、付け心地が良くてそれなりにデカ目効果を引き出してくれるものを
選ぶと良いのではないでしょうか?

サイズ的には、13mm程度のものが付け心地も良くてそこそこのデカ目を引き出してくれるでしょう。
13.2mmくらいのサイズのものから、12.5mmくらいのサイズのものが最もベスト。
カラコン初心者の方でも、この着色直径についての予備知識を付けた上で
カラコン選びをすると自分に合うものが見つかりますよ。サイズは、14mm以上のものも
多数存在しているようなのですが、大きすぎるとあまりメリットがあるとは言えません。

ギャルカラコンのように究極のデカ目を目指していて、付け心地などを気にしない方には
重宝するのではないでしょうか?全くデカ目にこだわらないというような方は着色直径の小さな
サイズのものでも良いでしょう。しかし、「カラコンを付けている」という感覚がなくなるので要注意。
また、ふち無しのものでは全くデカ目効果を得られないということみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました