カラコンの構造とは?

カラコンの構造は複数あるってご存知でしたか? 構造を知ることは安全なカラコンを選ぶために最重要なポイントですので、しっかり覚えるようにしましょう!

カラコンには沢山の種類のものが発売されていますので、
初心者の方には難しいかもしれませんが・・・
カラコンを使用していく上で重要な知識となりますので、
覚えておくと良いですね!

カラコンは構造というものが沢山あって、これはカラコンを装着
した時の付け心地とか使いやすさなどに影響してきます
カラコンを購入する際には「どういった構造でカラコンが作られているのか?」
というようなことにもしっかりと着目をして購入をするようにしましょう。

今カラコンで一番多いのは、安全性が高いとされているサンドイッチ製法です。
このサンドイッチ製法のカラコンは、薄めのレンズが使用されていて、
目のゴロゴロ感などが起きにくいです。
目が痛くなるというような心配がないので非常に使いやすく、安全です。
また、着色料なども目に直接触れてしまうというような危険性はほとんどないので、
カラコンを購入する際には、このサンドイッチ製法のカラコンを選ぶのが
正解と言えそうです。

カラコンの構造には他にも、フルキャストモールド製法とかキャストモールド製法とか
セミキャストモールド製法やレースカット製法といったものもあります。
キャストモールド製法もほとんどサンドイッチ製法と変わりがないです。
薄いレンズが使用されていますし、色素が目に直接触れるといった
危険性がほとんどないので、色々なカラコンに使用がされているカラコンの
構造となっています。
とりあえずカラコンを選ぶ際にはこの2つのカラコンの構造を
選ぶようにするのが安全ではないかと思います。
これ以外の製法の安全性が低いのか?というとそこまで断言出来ず。
それぞれの製法で、良い点もありますし、一概に粗悪品というは分類はされません。

ただ、カラコンの構造が安心で安全なものを使用しているからといって、
あまりにも安すぎるカラコンであったり、外国製のカラコンだったりすると、
安全性にそもそも問題があるというような場合もあります。
思わぬ目のトラブルを引き起こす可能性もあるので、
日本製のカラコンであるということをしっかりと確かめてから選ぶようにしましょう。
日本製だと、安全性はぐっと高くなりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました