カラコンで目が充血したときの対処法

カラコンを使用していると、様々な目のトラブルが引き起こされる
ことがあります。例えば、瞳の乾燥とか充血、痛み、視力低下、
その他の目のトラブルや眼病などが挙げられますね。

その中でも、比較的多い目のトラブルは目の充血と言えるのではないでしょうか?目の充血は、比較的起こりやすい目のトラブルですので上手に対処をしていきたいところです。
例えば、カラコンをまだ使用し始めたばかりの”カラコン初心者”の方であれば、
まだ瞳が異物に慣れていないので目が充血することがあります。
これは、ただ目がカラコンに慣れていないことで起こるだけですので特に心配は要りません。
人にもよりますが、1週間や1ヶ月間の使用をし続けることによって徐々に目の充血が
改善されるでしょう。

また、カラコンを毎日10時間や12時間という長時間の装用をしていると充血が起こりやすいですよ。
カラコンは、本来8時間以内の装用に抑えておかなければなりません。
その理由は、やはり長時間のカラコンの使用をすると目の健康トラブルが起こりやすいから。
使用上の注意などにも書かれていると思うのですが、カラコンの正しい装着時間を守って
使用をするようにしてください。 学生さん達などの中には、この使用上の注意をよく読まずに
間違った使用をしている人もいる様子。

他にも、角膜が酸素不足になると目の充血が起こりやすくなるみたいですよ。
酸素不足に陥らないようにするためには、適度にカラコン用の目薬を使用すること。
それ以外にも、高酸素透過率のタイプのカラコンを使用するようにしてみてはいかがでしょうか?
酸素の通りやすいタイプのカラコンは、このように目が酸素不足になり充血することはありません。
様々な方法を試してみたけれど、一向に目の充血が治まらない場合には別の理由が考えられますね。
ベースカーブの値があなたの瞳のサイズとぴったり合っていない。
カラコンのレンズなどに汚れが沢山付着していたり、ゴミが付いていて目が充血している。
もともとドライアイやアレルギー体質などで、目の違和感が起きているなどです。
ドライアイ気味の方は、尚更高酸素透過率のカラコンの使用をすることが重要ですし、
アレルギー体質の方は、まずお医者さんで「カラコンの使用をしても大丈夫なのか?」ということの
相談を。

目に違和感が発生したらそれを放っておくのではなくて、しっかりと対処を。
ほうっておくと、結膜炎や角膜新生血管などの恐ろしい病気を発症してしまうこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました