「脱毛に毛周期は関係ない」これは嘘!要注意

人間の身体に生えている毛には、「毛周期」と呼ばれる毛が生え変わるサイクルが存在します。
体毛を剃ったことがある方はわかるかもしれませんが、毛の成長する速度にムラがあるのはその為です。
抜いたムダ毛が成長期だった場合には、すぐに新たな産毛が生えてくるのです。

毛周期には、4つの状態が存在します。
成長初期段階→成長期→退行期→休止期

脱毛は成長後期の毛のみに作用するのがポイント。

そして、毛周期には終わりがあるので、自然と抜け落ちていくのです。
休止期というのが毛が抜ける時期です。
頭髪の場合では1日50本ほどが自然と抜け落ちています。
眉毛は毛周期が短いといわれており、生え変わる期間が最も短いです。

人間の体に見えている毛は全体の3分の1ほどといわれています。当然長さは部位によっては変わってきます。

脱毛するにあたって、毛を抜いてしまった場合は、3カ月ほどまたなければいけないというのは、
休止期の毛が存在するので、毛周期に影響を受けているからなのです。
脱毛サロン店側が儲けたいからという理由ではなくて、きちんとした理由があるんですね。
脱毛を受けるにあたってこのような知識はあらかじめ持っておくのがよいといえます。

脱毛がどうしても長期戦になってしまうのは、この毛周期のせいなんですね。
完全に脱毛しきるには、すべての毛を脱毛しなければならないので、毛周期に影響を受けるわけです。

脱毛したいと思ったら早めに通わなければいけません。
自己処理で毛を抜いている方は特に要注意ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました