自宅で誰でも簡単に自分で全身脱毛できる方法

除毛クリームでセルフ脱毛

無駄な毛を自分自身で脱毛するには、「剃る」「抜く」「溶かす」という手段があります。
その中の「溶かす」という方法を可能にするのが「除毛クリーム」という商品です。
使用方法はシンプルで、無駄な毛の気になっている部分を清潔にして水分をふき取ります。
その際に石鹸を使ったほうが良いですし、アルコールなどで消毒したほうがさらに効果は期待できます。
そして除毛クリームをつけていきます。10分ぐらい時間を置いたら、ティッシュでふき取り、洗い流します。
そうするとツルツルになっていて無駄な毛が溶けてなくなっているんです。

以前は除毛クリームも性能が悪く、表皮から顔を出している毛だけしか除毛することができずに、満足のいく結果が得られない商品がたくさんありましたが、最近の除毛クリームはムダ毛を効率よく毛穴の奥の方まで溶かしてくれる商品などが研究されているので、以前は使えなかったデリケートゾーンにも使えるものもあります。

基本的に毛を溶かすという行為は「タンパク質を壊す」ので、どうしても人によっては肌トラブルを引き起こすということもあるそうです。とりわけ敏感肌や乾燥肌の方は除毛クリームを利用すると荒れるというのも危惧されますので、実践する際は間違いのないパッチテストと言われるものを実施してからのほうが良いでしょう。

結局のところは毛を溶かしても、またムダ毛が生えてくるので、肌を傷つける点からしても、一時しのぎ的な脱毛方法であってあまり得策とは言えないでしょう。

電気シェーバーでセルフ脱毛

電気シェーバーはカミソリを使うよりも、肌に優しいといわれています。
カミソリにも色々な種類があります。男性のひげ剃りなどには刃の多いT字カミソリが多く用いられています。
他に一般的なものは、T字カミソリ、安全カミソリ、I字カミソリ、女性用カミソリなど。脱毛に多く用いられるのがI字カミソリです。
しかし、カミソリのケースでは万が一カミソリの利用方法を間違えてしまった瞬間に、肌を傷つける心配があります。
電気シェーバーの場合は使用方法を間違えても肌を傷つける恐れがめったに見られないので、その点では余計な心配なく利用できるでしょう。
加えて、脱毛をする際は毛抜きをしてはいけないと言われているので、その点からしても電気シェーバーでムダ毛を事故処理している人は非常に多いといえます。
以上のことから、ムダ毛を自分で脱毛する場合に一番用いられている方法が剃ることなのです。
その中でも一番安全な方法は電気シェーバーを用いることです。
電気シェーバーはコストパフォーマンスが高いといえます。
もしも電気シェーバーで脱毛した後は、しっかりとボディケアをしてあげるようにしましょう。
具体的にはボディーローションやボディークリームなどを満遍なくぬって保湿してあげることが大切です。
雑菌が入り込まないようにアルコールなどで消毒するのも良いでしょう。
一つ気を付けておきたいのは、将来的に脱毛する予定がある場合に、電気シェーバーに似てるからといって脱毛器を買わないようにすることです。

脱毛ワックスでセルフ脱毛

セルフで出来る脱毛方法の一つに脱毛ワックスを利用する方法があります。
ブラジリアンワックスと呼ばれていたり、手作りする方法が一般的には用いられています。
やり方は単純で、ワックスを脱毛したい箇所に塗って、毛とワックスを密着させて引き抜きます。
その際に、ワックスは毛の流れに沿って抜くのがポイントです。
間違って毛の流れに沿ってワックスを抜いてしまうと、引きはがしたときに炎症を起こすなどのトラブルになる可能性があります。
しっかりと脱毛ワックスの説明書を読んでから実施するようにしましょう。

当サイトでは、あまり脱毛ワックスを用いての脱毛はお勧めしませんが、
もしも脱毛ワックスを使おうと検討しているのであれば、油性タイプよりも水性タイプの化学成分が少ない脱毛ワックスの使用をお勧めいたします。

一気に広範囲にわたる毛を引き抜くので、当然ながら痛みを伴います。
更には脱毛ワックスに含まれる刺激が強いと、内出血を伴ったり、肌がかぶれたりするなどの影響があります。
脱毛ワックスで毛を抜いたところが毛嚢炎をたくさん起こしてしまうという方もいるそうなので、脱毛ワックスの使用には細心の注意を払ったほうがよいでしょう。

アフターケアの注意点は、ほかの脱毛方法と同じように、雑菌が入らないように消毒を行うこと。
保湿も十分に行って、脱毛後のデリケートな肌をきちんと保護してあげましょう。
使用後は肌を冷やすことによって炎症を抑えることができます。

自分に合った脱毛方法を見つけましょう

自分で脱毛をしていると、肌にとってはよくありません。
自己処理脱毛というのはそれだけリスクがあります。
カミソリや電気シェーバーで剃ると毛穴が広がったり、当然肌が傷つきます。
除毛クリームで毛を溶かすとなると、当然肌のタンパク質や表皮のコラーゲンなども破壊されるリスクがあることが考えられます。
そういったダメージは目に見えない形で肌の内部に蓄積しているので、長年自分で脱毛しているとある日突然肌トラブルに見舞われるということもあるでしょう。
近年では脱毛サロンの値下がりや価格競争により、誰でもお手軽にレーザーや光などで脱毛できるようになったので、本格的な脱毛クリニックに通うのが当たり前になりました。
では、脱毛サロンと脱毛クリニックではどちらが良いのでしょうか。
一番大切なのは通いやすさです。人気が高いサロンなどは予約が取れずに通いたいときに通えないということにもありえますので、そういった調査もしておくとよいでしょう。
効果が出る早さの希望によってもサロンかクリニックか選択方法は変わってきます。
ですから脱毛サロンに通うのを希望する方は、冬頃~春先に脱毛サロンに通うのがお勧めです。
夏場は混雑する時期で、予約が取りにくくなるので、脱毛は余裕をもってするほうが良いでしょう。
このように、自分に合った脱毛方法を探すことによって、最高の脱毛ライフをエンジョイすることができます。

脱毛を考えている場合は毛を抜かないこと

脱毛を考えている方は、毛を抜かないでください。毛を抜くと脱毛の効果が期待できなくなるため、毛が少し生えるまで光脱毛などの施術ができません。これはサロンであってもクリニックであっても同じなので、脱毛を考えている方は毛を抜かないほうが良いでしょう。

なぜ毛を抜くと正しい脱毛の効果を得られないのかというと、脱毛は毛根を殺すことによって脱毛するのです。毛を抜くことによって、毛根などを抜いてしまうと、毛根に作用することができないので、正しい脱毛の効果が得られないのです。これは毛を抜いている方には要注意ですので、なるべく自己処理する場合であっても、毛は抜かずに除毛クリームや電気シェーバーやカミソリなどで剃るほうがいいでしょう。

毛を抜いても良い場合は、脱毛の施術後に毛を触るとスルスルと抜けてしまうような場合のみです。ですから、力を入れないと抜けないような毛を無理やり抜いてはいけないということです。

おそらく脱毛サロンやクリニックに通うと、施術前には自己処理はしないようにしましょうと言われると思います。
どうしても自分で脱毛しなければいけないという状態になってしまいましたら、一番無難なのは電気シェーバーで剃ることをお勧めします。
決して毛抜きなどでムダ毛を抜かないようにしましょう。

もしも毛抜きなどで抜いてしまった場合、毛嚢炎などを引き起こす場合があります。毛穴に雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまうことです。これが毛を剃った一面にできると、人に見せられるような姿ではなくなってしまうので注意が必要です。

肌の炎症に注意

脱毛を行う上で注意したいことの一つに、肌の炎症があります。

肌の炎症が起こるケースとしては、自分で脱毛を行ったケースが考えらえます。
特に電気シェーバーなどを使わずに、自分でカミソリで毛を剃った時に肌が炎症するケースが多いです。
毛を剃る前にきちんとした消毒を行わなかったり、毛を剃った後のボディケアを怠ったりすると、毛穴から雑菌が入り込んでしまい肌が炎症するのです。
更に剃刀を使う場合は肌に直接刃をあてるので、決してお肌に優しいとは言えませんよね。

次に毛を抜くケースですが、この場合は毛嚢炎という毛穴に雑菌が入り込んで炎症してしまうケースもあるのです。

当然ですが、エステサロンや美容外科で同じように脱毛処理をしてもらっても肌トラブルが起こらないかといえば、絶対とは言い切れません。

ですが、自分で脱毛処理を行うよりかははるかに安全に・適切な処置を行ってくれるのがサロンやクリニックです。
ムダ毛の処理を行う上で炎症は避けて通れないので、できるだけアフターケアに力を入れるようにしましょう。
自宅でムダ毛の処理をする際には、アルコールで消毒したり、保冷剤を使ってしっかりと冷やすことも大切です。
化粧水や美容液を使って保湿することも忘れないでください。
このようにサロンやクリニックではアフターケアに力を入れているので料金はかかりますが、肌のトラブルを避けられると考えれば安い買い物だと思います。

安かろう悪かろうは避けるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました