光脱毛の危険性・副作用・注意点

現在エステサロンで主に行われている脱毛施術は、フラッシュ脱毛などの光脱毛と呼ばれる方式になっています。これは光のエネルギーを用いた脱毛方式で、脱毛器のヘッドに設置されている光の照射面から放たれた光を肌に当てることで脱毛が行えるという、非常に手軽な脱毛方式の一つです。
短時間で広範囲のムダ毛処理が可能なことから近年の脱毛施術の主流となっているわけですが、光脱毛を受ける際には注意しなければならない点もあります。

脱毛器から発せられる光を肌に当てるだけでムダ毛処理ができるという仕組みは、光の特性によるものです。
小学生の頃の理科の授業で学んだと思いますが、光は黒い色に集中する性質を持っています。光脱毛ではムダ毛処理をしたい部位の肌に対して無差別に脱毛器の光を照射しますが、脱毛器から発せられた光は自然とムダ毛の黒い色に集められています。その際にムダ毛を伝わる熱エネルギーは非常に強く、毛根にある毛母細胞に損傷を与えることが可能です。

さて、この仕組みは肌が黒い色素を多く持っていないことが前提で働くものになっています。日焼けをしてメラニン色素が増えた小麦色の肌の場合、黒い色に集中する光の特性を活かすことができません。というのも、日焼けをした肌に脱毛器の光を照射してしまうと、ムダ毛に集中するどころか肌全体に熱が伝わってしまうことになるからです。
肌全体に熱が伝わると、脱毛効果が得られなくなるだけでなく火傷の危険性も増してきます。手軽にムダ毛処理を行う為だけでなく、安全に脱毛施術を受ける為にも、光脱毛による施術を受ける際には肌の日焼けはしっかりと防ぐように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました