リバイタラッシュアドバンスの副作用や危険性・失明の噂・色素沈着

リバイタラッシュアドバンスを使用した副作用について非常に多く語られている。しかし、実はそのほとんどがリバイタラッシュの偽物を使用した為に起こった事件なのである。日本で売られているような美容品の規模と違って海外では非常に多くの人達が使用するため、人気商品などはすぐに偽物が出まわり、値段が安いからと購入した人たちが何かしらのトラブルに巻き込まれるというケースが多い。特にインターネット・スマホが普及して誰でも手軽に情報にアクセスしやすくなったため、インターネット通販の人気商品というのは偽物に狙われやすいのである。安いからといって購入すると、配合されている成分が滅茶苦茶なため、まつげが伸びる保証もないし、人によっては目の痒み、瞼が真っ赤に腫れてしまうなどの恐ろしい副作用を発症するケースもあるという。これらは全て正規品を購入することによって安全・安心にリバイタラッシュアドバンスを楽しむことができる。
では、リバイタラッシュアドバンスの正規品を使用して副作用が起こるケースというのはあるのだろうか?私が調べてみたところ、どうやらリニューアル前のリバイタラッシュで多少の副作用が確認されたケースがあったが、リバイタラッシュアドバンスにおいては全く見当たらなかった。他のまつげ美容液を売るために、リバイタラッシュアドバンスの弱点(高価な海外の商品)ということで不信感を煽った不買運動などが行われているようだが、きちんとした正規品を購入すれば副作用の心配はないようです。
改めて言っておきたいことは、まつげ美容液の中で一番人気の商品が頻繁に副作用を発症するようでしたらすぐに発売中止されるでしょう。リバイタラッシュアドバンスにおいて副作用の心配は無用です。

リバイタラッシュアドバンスで失明する?

リバイタラッシュアドバンスで失明することはありません。リバイタラッシュ正規品代理店の回答でも、過去に失明の実例は一件もないと正式に回答していますので安心して下さい。
では、なぜこのような検索キーワードが上位になってしまったり、噂がたつのかというと、リバイタラッシュアドバンスはまつげ美容液の中でも一番人気の商品です。まつげ美容液の先駆けとなった商品なので、既にブランドとして確率しています。値段もお高いですが効果も絶大なので、ハリウッドセレブなどが愛用していたりしますよね。このようなブランド物は必ず偽物が出回ります。その偽物を使ってしまったが故にそのようなトラブルが引き起こされてしまったのか、はたまたただの噂に過ぎないのか。過去に実例がないというのが証明されてしまったので、リバイタラッシュアドバンスで失明したというのはただの噂にすぎないのでしょう。
しかし、煙のないところに火は立たないといいますよね。ここからは私の推察になりますが、リバイタラッシュには以前、緑内障を治療するための成分が配合されていました。それをまつげに塗ることでぐんぐんまつげが伸びるからです。しかし、それが健康に悪いのでは?と問題視されてから現在のリバイタラッシュアドバンスにはその成分は含まれていません。ですので、恐らくその緑内障を治療するための成分が配合されていた時の問題や噂に尾ひれがついた形で、現在でも失明というのが出回っているのだと思います。

リバイタラッシュアドバンスで色素沈着する?

結論から申しますとリバイタラッシュアドバンスを使用することによって色素沈着は起こりません。色素沈着とは、肌の色調が変化することです。肌に強い刺激を与えることによってメラニン色素が増加し肌が褐色に見えたりします。紫外線を浴びて日焼けした肌というのは色素沈着を引き起こしている分かりやすい例といえるでしょう。リバイタラッシュアドバンスはまつ毛を伸ばす効果を発揮してくれる成分を配合しているので、肌には比較的刺激が強いといえます。使い方を間違うと肌トラブルを引き起こしてしまう場合もあるからです。では、なぜこのようなネガティブなことが噂になっているかというと、旧製品の「リバイタラッシュ」で色素沈着を引き起こすと言われている成分が配合されていたからです。リバイタラッシュアドバンスが引き起こすとされていた色素沈着は紫外線などによってメラニンが活性化して「しみ」や「くすみ」が増すのではなく、血液を運ぶ機能を果たしているヘモグロビンが毛細血管を傷付けてしまい、その結果瞼が赤く腫れたり、赤みがかった色になってしまうという問題でした。それらを改善した「リバイタラッシュアドバンス」であれば、肌が色素沈着を引き起こす心配は不要です。しかし、万が一ということが御座いますので、目元に使用する前に必ずパッチテストを行うようにしてください。使用後に、目の周りが褐色、赤色に近い肌になった、瞼が茶色っぽくくすんでいる、下瞼のクマが目立つようになった、などの変化があった場合は必ず使用を中止して医師に相談するようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました