【2019年最新版】朝洗顔はしないほうが良い?美容のプロに聞いてみた驚きの結果

朝洗顔しない人は半分正解?

朝洗顔をしない人は半分正解で、半分不正解です。よく耳にするのは、朝は人間の顔や皮膚は汚れていないので、石鹸や洗顔料を使って洗顔してしまうと、無駄な皮脂や油まで落として肌を乾燥させてしまうので結果的にニキビ、シワ、シミ、乾燥肌など肌トラブルの原因になるという諸説です。本当に正しい朝洗顔とは人それぞれ違います。例えば、枕のシーツを選択肢なかったり干さない男性であれば、朝の洗顔は必須ともいえます。なぜなら寝てるあいだに大量のダニやホコリが顔に付いてしまうからです。寝てるあいだに汗をかきやすい人も、毛穴の黒ずみ汚れを併発してしまうので積極的に朝は洗顔をするべきでしょう。

朝洗顔をするデメリットが乾燥を生んでしまうかもしれないという一抹の可能性ならば、朝洗顔をした後にしっかりと保湿すれば良いのです。それを可能にしたのが朝用の洗顔料ことマナラモイストウォッシュゲルです。成分的には美容液と同じで、市販の化粧水よりも美容液成分が配合されているため、洗い残しがあって肌に残っていても全く平気なんです。普通の化粧水のような感覚で扱えるし、油分も多いため洗顔もできる。そんな素晴らしい朝用洗顔料がマナラから発売されました。

朝洗顔しない人は、今一度自分の環境を見なおして、自分があまり清潔な暮らしをしていなかったり、寝てるあいだにエアコンをつけて乾燥した部屋で暮らしているような人も、朝洗顔をして保湿するべきです。正解は、一日の終りである夜と同じ洗顔方法で朝洗顔してしまうことが間違いなんです。

肌を傷つけない朝洗顔方法の工夫

私は洗顔フォームでの洗顔は朝と晩の2回しますが、最近肌を痛めないように洗い方に気を付けています。というのも、朝はマナラモイストウォッシュゲルだけで洗顔するなど、肌にダメージを与える回数を減らしているからです。以前洗顔でゴシゴシ洗いすぎてしまったために肌を痛めつけ、肌のくすみを招いてしまったことがあるからです。洗顔の際には泡立てネットではなくできるだけ手でしっかりと弾力のある泡をつくり、泡の弾力で肌を優しく洗うのがベストだそうです。時間がないとなかなかきちんとした泡を作って洗うことも難しいですが、肌のことを考えてできるだけ泡を利用して洗うように心がけています。洗顔時の少しの心がけで肌が柔らかくなったように感じます。

洗顔で肌を痛めつけてしまうと、黒ずみを招いてしまいます。私は小鼻の周りがいまだに黒ずんでしまっているので、ゴシゴシ洗ったことをとても後悔しています。どうにか元の肌んお状態に戻したいのですが、なかなか難しいです。黒ずみは化粧をしないととても目立ってしまい、顔の印象がとても悪くなります。黒ずみ対策ってなかなか難しいので今はとても悩んでいます。

毛穴の黒ずみなどが気になって鼻の周りは念入りに洗いたくなりますが、そこはぐっと我慢してこすったりしないように気を付けています。肌はターンオーバーを行うので、適切な洗顔方法で肌をいたわって洗っていればこれ以上の肌トラブルも防げるのではないかと思います。顔の肌は肌の中でも弱い部分なので、すぐに炎症などを起こしやすいということを念頭においてこれからも日々洗顔していきます。

洗顔の重要性と、朝洗顔の必要性

毎日何気なく行っている洗顔。お手入れ方法を間違えると、とんでもなく肌に負担をかける事になってしまう事をご存じでしょうか?肌の老化を進める洗顔をしていませんか?たかが洗顔!されど洗顔!洗顔方法を見直すだけで美肌になれるなら出来る事からトライしてみませんか?

そこで、洗顔の重要性を一度考えてみることにしました。

肌は乾燥していれば、油が出て潤そうとする機能が備わっています。しかし、洗浄する機能は備わっていません。だからこそ洗顔こそがお手入れの中でも重要な項目だと言われています。まず、洗顔する時の水の温度に気を付けて頂きたいです。熱すぎれば肌に必要な油分まで落とし過ぎてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。逆に冷たいと毛穴が引き締まって、落としたい毛穴の汚れが落ちにくくなってしまいます。肌に触れた時に、多少温かい位のぬるま湯がベストな水加減だと言われています。仕上げに水で引き締めるのは、肌のキメが整うので洗顔中の温度と仕上げの温度を分けるのも効果的だと思います。

以上のことから、朝洗顔しないということも選択肢に入る人が出てくると思います。具体的には「皮脂汚れが少ない方」です。乾燥肌か敏感肌かというのはこの際あまり関係なくて、毛穴の黒ずみというのは皮脂汚れで決まってくるからです。

もしも朝洗顔をするのであれば、重要なのは洗顔料の泡立ちになってくるでしょう。

次に泡立ち!弾力のあるモコモコの泡での洗顔をして頂きたいです。泡に弾力があれば、顔と手が直接触れないので摩擦が少なくて済みます。肌にとって摩擦は大きな負担になるので是非避けて頂きたいのです。泡立ちが良ければ、泡が汚れを包み込んでくれるので擦らなくても十分汚れを落とす事ができます。泡立てネット等を使えば簡単にモコモコの泡を作れるので使ってみてはいかがでしょうか?水気が多いと泡にコシが無くなってしまうのでよく水を切ったネットのご使用をオススメします。洗顔後のタオルでのふき取りも、擦らずに押さえるようにして頂くととても良いと思います。

洗顔料の選び方も大切だと思います。泡立ちの悪いもの、つっぱり感があるものは肌に負担が掛るのでオススメできません。値段に関わらず、自分の肌に合った洗顔料を選んで頂きたいと思います。いつもの洗顔に少し手を加えるだけで、肌は生まれ変わると思います。是非お試し下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました