クレンジングの原理

クレンジングをする前に、まずはクレンジングの原理について覚えましょう。皆さんはなぜクレンジングでお肌を撫でるだけで化粧が落ちるのか考えたことはありますか?それはクレンジングに油汚れを分離させる効果があるからです。お料理後のフライパンを想像していただけるとイメージしやすいかと思いますが、油汚れって全く落ちないですよね。しかし洗剤を使えば一瞬で油が浮いて、綺麗にすることができます。つまり、洗剤とクレンジングはほぼ同じ原理なんです。実際にクレンジングと洗剤の洗浄力を比較している動画があります。

メイク落とし VS 台所用洗剤

両者とも合成の界面活性剤が沢山使用されているので、このようなことが起こるのです。台所用洗剤は1,000倍に薄めて使用してくださいと注意書きがありますが、この動画では化粧を落とすためのクレンジングのほうが汚れが落ちた結果に。これが石油系界面活性剤の恐ろしいところです。、オイルタイプのクレンジングは近年では危険性が指摘されておりおすすめできません。化粧品の進化に伴ってクレンジングに求められることが多くなりました。近年では著しく化粧品が進化を遂げており、涙や汗では落ちない化粧品がニーズを増しています。油性の基材を大量に使い肌に接着させているため、極普通の洗顔料や石鹸では落とすことができないのです。しかしその性質を活かして、油は油で落とすのが基本と言われているのです。そのため、油分を溶かして落とすための専用のクレンジングが発売されました。目元の化粧は特に落ちにくく作られているものが人気なので、マスカラなどを落とす専用のクレンジングも発売されています。きちんと化粧を落とすのも大切ですが、高くてもできるだけ肌に優しいクレンジングを選びたいものです。

クレンジングの化粧が落ちる原理

まず、クレンジングというのは基本的に水と油で出来ています。

油というのは水で落ちませんよね。水と油は混ざり合わないというのが皆さんの認識だと思います。しかし、クレンジングに限らず世の中の商品には、油と水が一緒になった商品が沢山あります。

どうして混ざり合っているのかというと、乳化しているからなんです。

水と油を一緒の容器に入れると、二層に分断しますよね。その分断された部分に出来るのが界面です。化粧品に詳しい人は聞いたことがあると思いますが、界面活性剤や乳化剤と呼ばれるものを使うと、分断せずに混ぜることができるのです。油は油で落とすというのが基本なので、このようにする必要があるんですね。つまり化粧を落とすためには、油(界面活性剤)、乳化させる目的で使われる(乳化剤)があるのです。

以上がクレンジングの化粧が落ちる原理です。

よく、界面活性剤はお肌に悪いと言われていますが、クレンジングという性質上、絶対に界面活性剤は必要になってきます。まずはそこを知っておくことで、お肌に優しいクレンジングの選び方が分かりじゃす。

逆に化粧水などに、肌に悪い乳化剤や界面活性剤が含まれている場合は気を付けたほうがいいでしょう。

界面活性剤や乳化剤にもたくさんの種類があるので、自分の肌に合わないクレンジングが合った場合は成分などをきちんと調べて、次に使うクレンジングに含まれていないか?判断することが大切になってきます。

なんとなく、合う合わないで化粧品を選んでも良いと思いますが、このようにすることによって本当に自分に合う化粧品が分かるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました