口コミでおすすめの水クレンジングランキング

水クレンジングとは

水クレンジングとは、Bifestaから発売されているうる落ち水クレンジングが火付け役となって流行っているクレンジングです。2011年から発売されており、@コスメのクレンジング部門では第1位、口コミ最新ランキングでは2位を獲得するほど。売上も1千万本を突破し、TVCMには芸能人を起用して知名度をうなぎのぼりさせているクレンジングです。他にも、クレンジングローションやシートタイプのクレンジング、ニキビ対策用の化粧水などが売られています。

100%オイルフリーと謳っていますが、その実は石油系由来の界面活性剤が含まれている為、お肌に優しいかは疑問が残ります。オイルではなく水で落とすと公式サイトでは水を強調し説明していますが、「物は言いよう」という諺通り、水だけでメイク油が浮くわけがありません。界面活性剤が配合されているので他のクレンジングに比べて洗浄力が強いのが特徴です。肌に刺激が強いし、一般的には余りおすすめされない市販のクレンジング代表です。ネット通販限定販売しているようなクレンジングは、主にこういった界面活性剤を配合している水クレンジングを槍玉に挙げて、着実にお肌に優しい上質のクレンジングの開発を続けています。

フルリクリアゲルクレンズはその代表とも言えるクレンジングで、世界で初めて酸化還元電位-700mv水を配合して作られているのです。マイナスの数値になるほど酸化させにくいので身体に良いのです。大体-200~-400mv程度で高機能水素水と名づけて呼ばれています。

オイル・リキッド・クリーム・ミルク・ジェルなどクレンジングには様々な種類とジャンルがありますよね。ジャンルの定義というのは@コスメが行っているものが殆どで、商品を発売している会社が厳密に定義しているわけではありません。「うちの商品は水クレンジング」と会社が言って発売すれば、消費者には当然水でメイクを落とせるんだというイメージを植え付けることになります。

実際にリキッドタイプと言われているものでも、鉱物油を使っているんだからオイルタイプじゃん!と言いたくなるようなクレンジングもあり、その定義は非常に曖昧です。水をベースにしているものがリキッドタイプといいますが、オイルクレンジングのほとんどが水を一番多く含んで発売されているのも事実。

一番大切なのは商品名や宣伝文句に騙されず、しっかりと自分の目で正しい事を知り見ること。正しい知識を養うことです。ネット上で調べてすぐに知った気になるのもよくありません。より正解に近づくためには、学問や美容の専門学校などで学ぶことも良いでしょう。一番手軽な方法はエステサロンや美容皮膚科医の方などに聞くことかもしれません。最近ではそういう方々が執筆している本も沢山あるので目を通してみるとよいでしょう。

流行り廃りがあってその流れに乗った時に消費者に伝えやすいようにジャンル分けしているとも言えます。ですから、流行が終わるとそのクレンジングを使う人は少なくなるのが弱点です。石油系界面活性剤を使用していないオイルフリーのクレンジングはもはや常識になっていますし、最近ではリキッド・ジェルのほうがクリームやミルクよりも売れている印象が強いです。ランキングサイトを見ても上位はほとんどがジェルタイプのもので、ミルククレンジングは流行が終わってしまったなぁという印象です。というのもクリームやミルクは化粧落ちがいまいち悪く、最近では乾燥肌の人でも安心して使えるクレンジングが増えているからなんですね。

これには業界の進歩の速さが伺えます。一年前の常識が既に古くなっているような感覚は若い人にはわからないかもしれません。

水クレンジングの効果・メリット

水クレンジングにはどのような効果とメリットがあるのでしょうか。美容皮膚科医は無添加のクレンジングは他のクレンジング方法と比較した時に、洗浄力は落ちるが肌に優しい低刺激というメリットを挙げています。一昔前まではクレンジング後のダブル洗顔は必須という認識でしたが、最近はダブル洗顔不要を売りにしたクレンジングが多いですよね。なぜダブル洗顔が必要なクレンジングと、そうでないクレンジングがあるかというと、石油由来の油分は洗浄力が強すぎる為です。「石油系界面活性剤」が使用されているクレンジングは近年ではお肌にダメージを与え、老化を招く原因の一つとして指摘されています。なので無添加の水クレンジングが消費者に人気なのです。最近では市場に出回っているものは多かれ少なかれ無添加を謳っています。その中でも1番無添加数の多い水クレンジングはフルリクリアゲルクレンズです。当然油分がないとメイクを落とすことはできませんが、ベースが水なのでお肌の潤いを失うことがありません。汗を含む油性成分はお肌にとって邪魔なので余分な汚れを肌に蓄積させずに、洗いあがりがしっとりするためその後のスキンケアもスムーズに行うことができますし、肌に潤いを持たせることで肌の透明感がワントーン上がるとも言われています。化粧水や乳液がムラなく隅々まで行き渡るので、浸透力が上がる効果も期待できます。そのため、油分が非常に多いオイルタイプのクレンジングは近年ではタブーとされており、オイルフリーのジェルタイプが一般的となっています。

水クレンジングは肌に悪い?

クレンジングという行為が全て肌に悪いことだなんて思いません。肌の汚れとか皮脂汚れを落とすために洗顔クリームや洗顔フォームを使って洗顔しますが、洗顔することとクレンジングすることに大きな違いはないと思っています。クレンジングはメイクを落とすために必要なことだということであって、メイクをしたなら絶対にやらなくてはいけません。

肌に悪いのはメイクをしているのにクレンジングをしないまま寝てしまうことです。途中で起きて水クレンジングをすればいいですが、朝まで化粧を落とさずに寝るというのは肌にとっても非常に悪いことだと思います。

たまたまメイクをしたまま寝てしまったのなら仕方がないけれど、そういうことが頻繁にあれば肌にとって悪いです。クレンジング剤が肌を痛めているのではなく、水クレンジングをしないまま朝まで眠ってしまうことが肌にとって悪いんだと思います。

だからクレンジングはメイクをしたらなるべく早くやることです。クレンジング剤について誤解をしているとクレンジングが肌の乾燥やシワやシミの原因だと考えてしまいますが、それらはクレンジング剤が引き起こしているわけじゃないんだとわたしは思っています。

もしもクレンジングすることが心配なら、安い価格で販売されているクレンジング剤を買わないことです。たとえば最近では百円ショップでもクレンジング剤が販売されていて驚きますが、出来るだけ国産で知っているメーカーのクレンジング剤を使ってみることです。できれば石油系界面活性剤を使用していない無添加の水クレンジングが良いです。

マツエクにも使える水クレンジング

美容に興味のある若い女性に人気がある「まつ毛エクステ」ことマツエクをご存知でしょうか?つけまつげを毎回脱着していると、素のまつ毛が抜けてしまったり、肌と接着させる部分が被れてしまったりするので、まつ毛エクステをする若い人が増えているんです。大体2~3ヶ月は持つのですが1回1万円近くするので、若い人はつけまつげを付けている方が多いですね。しかし、肌の事を考えたらお金を掛けてでもマツエクしたい!という女性は多いのです。

フルリクリアゲルクレンズはオイルフリーなのでグルーが溶けず、痛むこともありません。せっかく長持ちさせようと頑張っているのにクレンジングの選択を間違えてマツエクが台無しになってしまったら大変ですよね。ポイントメイクなどのクレンジングと併用することなく安心して使うことが出来るのに加えて、マツエクをしていても使えることがわかっているので安心してクレンジングできます。

Bifestaから発売されている水クレンジングも、「水」なのでマツエクに使えると人気ですが…そもそもマツエクに使えないクレンジングとは何かを考えた時に、Bifestaから発売されているうる落ち水クレンジングは推奨できません。なぜかというと石油系界面活性剤が使用されているからです。石油系の油に弱いマツエクのグルーは傷みやすいのです。ですから、マツエクに使えるクレンジングというのは第一条件として石油系の油を使っていないものになります。

水クレンジングには石油系界面活性剤が含まれている!

貴方は台所用の洗剤でメイクを落としたいと思いますか?

Bifestaから発売されている水クレンジング。
1本1,000円とお買い得で低刺激と話題性もありますが、

実は石油系界面活性剤が含まれているんです。

【危険】うる落ち水クレンジングには石油系界面活性剤が配合されている

石油系界面活性剤とは台所用の洗剤にも含まれている汚れを落とす成分なんです。
口コミで1番人気のフルリクリアゲルクレンズは当然石油系界面活性剤を使用していません。
つまり本物の水クレンジングと言えるのです!

しかも!あの有名なモンド・セレクションで最高金賞を受賞しています。
ホットクレンジングで有名なマナラが金賞ですが、フルリはそれを超えています。

初回購入限定で送料無料2,900円なので、人生で一度は試してみると良いでしょう!
佐伯チズさんも美容で大切なのは「クレンジングと保湿」と仰っていました。
洗顔じゃないのがポイントですよね。

クレンジングは多少コストが高くても、良い物を絶対に買うべきなのです。

お肌にダメージを1番与える作業はメイクやお化粧ではなくて、クレンジングなんですよ。
汗や汚れで落ちにくいメイクを女性はしなければならないので、必然的にクレンジングは落ちやすい台所用洗剤に含まれている界面活性剤を使用する風潮になっていたのです。

しかしフルリクリアゲルクレンズは美容皮膚科医とエステサロン勤務で2000人以上のお肌を研究してきた人たちが、徹底的に考え抜いて作られたクレンジングです。値段が安いだけで大量生産向けに作られたクレンジングはそれだけデメリットもあるのです。

水クレンジングよりも良いクレンジングを無料で買える!

フルリクリアゲルクレンズの成分の素晴らしさは口コミランキングで1位になるのが納得でした。その中でも現在行われている初回購入限定キャンペーンにより、フルリクリアゲルクレンズを実質無料で手に入れることが出来るそうなのです。その方法とは、フルリクリアゲルクレンズは無期限の返金保証を受け付けているので、全部使い終わった後に返金してくださいと報告するだけで返金していただけるのです。全て使い終わった期間後にも返金保証を受け付けているのはフルリクリアゲルクレンズだけですね。ものすごい自信だと思いませんか?水クレンジングと比較しても成分が値段に比例しているようですよね。私も口コミで水クレンジングを使いましたが、イマイチ決め手にかける感じなんです。フルリは洗い上がりのぬるぬる感が凄いので、しっかりとクレンジングしよう!という気になりますし、何より殆どが美容成分で出来ているクレンジングなので、化粧を落とすクレンジングという作業がお肌の栄養補給になってしまうんです。佐伯チズさんのアドバイスがあったからこそクレンジングの重要性に気づけましたし、美を目指し女磨きを始めるならまずクレンジングを正しい洗顔方法に変えるのが1番効果を実感できる筈です!最近は男性でも水クレンジングを行なっているそうですが、洗顔料をフルリクリアゲルクレンズに変えるなどすると更に良いかもしれません。水クレンジングよりも本当に心からおすすめできる、真の水クレンジングはこちらです!

口コミでおすすめの水クレンジングランキング

フルリクリアゲルクレンズが業界最安値!
楽天で買うよりも安い!初回購入特典!
4完達成!人気No.1のクレンジング!
送料無料!
無期限全額返金保証!
12の無添加!
初回購入は家族の分も注文可能!!

約2ヶ月3,500円→2,900円(送料無料)

無期限の返金保証を受け付けているクレンジングは、他にありません。
自信があるからこそ出来ることなので実質無料でも手に入れる事ができるんです。

【危険】うる落ち水クレンジングは界面活性剤が配合!

Bifesta(ビフェスタ)から発売されている水クレンジングですが、言葉のトリックに騙されないようにしましょう!
ホームページでは正確な成分表を確認できなかったので、ブログで成分表が載っているサイトを調査しました。

以下の成分表が、Bifestaのうる落ち水クレンジングの全成分です。

水、PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、グリセリン、BG、PEG-400、水酸化レシチン、ココイルアルギニンエチルPCA、クエン酸Na、酢酸トコフェロール、EDTA-2Na、クエン酸、(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール

PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
ココイルアルギニンエチルPCA

オイルフリーとは名だけの界面活性剤がこれだけ使われているのです。
メイクが落ちて当然だと思いませんか?

水クレンジングという名前にだまされないで下さい。

クレンジングはしっかり落とすのが大切と言われていますが、
安くするために大量生産向けの石油由来の界面活性剤を使用しなくても、
良いクレンジングはあるんです。その思い込みという名の常識をまずは変えるべきです。

界面活性剤を使って顔を洗うということは、台所用の洗剤で顔の皮膚を洗っているのと同じことです。
水クレンジングという名前は聞こえがよく、お肌に優しいようなネーミングセンスですが、
実質の所は台所用洗剤に含まれている成分と同じなのです。

このようなクレンジングが売上1000万本というのは非常に居た堪れないことです。
真の水クレンジングとも呼べるフルリクリアゲルクレンズをぜひ使って下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました