おすすめのこども保険ランキング

子供保険で教育費は安心か?

子供保険とは?

子供が誕生したら子供保険に加入、子供保険って何?

子供の誕生は、夫婦のこれからの人生に、大きな喜びと生きがいを与えてくれます。
ですが、親となった夫婦には、怪我や病気などの不測の事態が起きてしまった時の、子供の生活の心配や、また、将来の子供の学資の心配など、金銭面での不安も出てくるでしょう。
そんな不安を少しでも軽減できるように、子供が誕生したら、子供保険に加入することを考えてみましょう。
子供保険は、万が一の時や、将来の学資など、子供に関わる金銭的な不安に対し、保障をしてくれる保険です。
子供保険は、保険会社ごとにいろいろな商品があり、特色がありますので、よく検討して、ライフスタイルや、目的に合った保険に加入しましょう。誕生した子供たちが安心して生活を送れるように備えることは、親としての義務であり、喜びでもあります。
そのための手段の一つとして、子供保険の加入を検討してみてください。

子供保険の種類

子供に関わる不安や心配に備える子供保険とは?
子供保険は、子供に関わる金銭的な不安や心配に備えるための保険だと言うことができるでしょう。
子供を取り巻く金銭的な不安や心配について考えてみると、安心のためには、次の3種類の保険が必要だと考えることができそうです。

子供が大きな怪我や病気をして、医療費がかかってしまう事態に備えるための保険です。
子供が成長していく上で、どうしてもかかってくる、学資などの養育費に備えるための保険です。
親に何か不測の事態があった時の、子供の生活費や養育費に備えるための保険です。
このような子供に関わる金銭的な不安や心配に備えて、子供の誕生を機会に、子供保険に加入することをお考えになる人が多いようです。

子供保険のメリットとは?

積立貯蓄と違う子供保険のメリット
子供保険を、教育資金づくりという目的で考えてみた時、銀行や郵便局の「積立貯蓄」を思い浮かべられる人もいらっしゃるのではないでしょうか。
教育資金づくりという目的であれば、積立貯蓄と子供保険には、違いがないように思われる人もあるでしょう。
ですが、実は、子供保険には、積立貯蓄とは違ういろいろなメリットがあるのです。

子供保険の大きなメリットの一つに、保険料払い込み免除の特典があります。
これは、契約者である親が、死亡したり、重い障害状態になった場合は、それ以降の保険料を支払わなくても、契約した学資金や保険金を受け取れるというものです。

つまり、子供保険は、親に不測の事態が起こって保険料が支払えなくなってしまった時にも、一定の教育資金を確保できるわけです。
ところが、積立貯蓄では、子供保険のような、親に万一のことがあった場合の特典が用意されていません。
万が一の場合には、払い込んだ期間や保険料に関わらず、学資金などが保障されるという点が、積立貯蓄と違う、子供保険の最大のメリットなのです。

子供保険のデメリットとは?(積み立て金額)

学資金の備えとして万全ではない子供保険
子供保険に加入していれば、学資金の備えは万全と考えていらっしゃる人が、意外に多いのではないでしょうか。
ですが、子供保険だけで備えが万全なご家庭は、実際にはほとんどないと言えるでしょう。
ここで言う「万全」が、「必要な金額をすべて必要な時期に準備できる」ことだとすると、教育に必要な金額、つまり「必要となる学資金」のすべてを、子供保険だけで十分に用意できている人は、ほとんどいらっしゃらないということになるのではないでしょうか。
例えば、大学入学時に学資金を受け取れるタイプの子供保険に加入していても、それ以降の学資に必要な金額は、結局、家計や、ほかの貯蓄から出さなければならないいうとことになるでしょう。
子供保険は学資金準備の一つの手段であって、それだけで万全ではないことを頭に置いて、保険の加入を考えましょう。

子供保険のデメリットとは?(積み立て期間)

子供保険の貯蓄の観点からのデメリット
子供保険は、子供の将来のために必要なお金を無理なく貯めるために便利な保険ですが、子供保険にも、デメリットはあります。
子供保険のデメリットとしては、換金がしづらい、積み立て期間が長すぎる、資金計画の変更が聞きにくい、子供の年齢が高くなってからだと保険料が割高になる、などの点が挙げられるでしょう。
ですが、これらのデメリットは、言い換えれば、「早くから、長期計画で、集中してお金を貯めることができる」という、子供保険のメリットだとも言えます。
換金がしづらいという子供保険のデメリットは、ほかの換金性の高い貯蓄と併用することでカバーするなど、それぞれの保険や貯蓄のメリット・デメリットを生かしながら、計画的にお金を貯めていくことをお勧めします。

子供保険の選び方

子供保険は最重要ポイントを理解して選ぶ

子供保険を選ぶ時、どこに重点を置くか
子供保険には、主に貯蓄重視のタイプと、万一の際の保障重視のタイプの、2つのタイプがあります。もちろん、保障と貯蓄のバランスタイプもあります。
それでは、子供保険を選ぶ時、どこに重点を置いて選べばよいのでしょうか。

何よりも重要なポイントは、それぞれの家庭の状況に合わせて、貯蓄もしくは保障のどちらに重点を置くのか、ということをしっかりと見極める必要があるということです。

貯蓄に重点を置きたいのであれば、保障は最低限にしておかないと、結果として、払込金額より戻ってくるお金が少なくなってしまい、意味がなくなってしまいます。
もちろん、「両方共に重点を置きたい」という選び方ができるのであれば、それに越したことはありませんが、希望するもの全てを満たそうとすると、当然その分保険料はアップしてしまいます。
ですから、親の生命保険なども考慮に入れて、子供保険をしっかり考えて選ぶ必要があります

子供保険は夫婦で納得して選ぶ

子供保険は夫婦でしっかりと考えて選ぶ

当然のことですが、子供保険は、まさしく自分たちの大切な子供のために契約するものです。
ですから、自分たち夫婦の大切な子供のため、夫婦双方が納得いくまで検討した上で選び、契約する必要があります。
もし、子供保険に加入してから問題点に気づいても、大変無駄なことですし、何よりも何のために保険料を払っているのか、ということになりかねません。
そうならないためにも、数社の子供保険の資料請求をし、各社よく比較検討の上で、夫婦双方が話し合い、そして納得する子供保険に入りたいものです。
また、一人の目では見落としてしまっているような問題点が、夫婦二人で確認することによって、見落とされずに済む場合も十分ありえます。
様々な会社の子供保険を検討して、夫婦で何度も話し合い、お互いが納得する子供保険であれば、我が子のためにも大変有効な子供保険であるといえるでしょう。
もしかすると、子供保険を選ぶことで、夫婦や家族の絆も、より一層深まるかもしれませんね。

両親が共働きの場合の保障内容の選び方
両親が共働きの場合、子供保険は、万が一の際のリスクに備えることができる万全の保険といえます。
何故ならば、子供保険に付加できる死亡保障や育英保障は当然備えとなりますが、それ以外に入院保障を子供保険につけておけば、もし子供が病気や怪我で入院して、会社を休むことになっても、親が会社を休んだときのように何らかの手当てが会社から支給されるわけではありませんから、子供保険の入院保障は、まさしくリスクに対する備えといえるでしょう。
また、サラリーマン家庭のみならず、子供保険の入院保障は、親が自営業者の場合にも力を発揮します。
サラリーマンでもそうですが、自営業だとなおのこと、子供が入院することで親がそちらに手を取られてしまい、その間の収入がなくなってしまいます。
そこで、子供保険に入院保障をつけていれば、収入の心配をすることなく、安心して親は子供の看病に専念できるのです。
このように、子供保険の保障は、自分たち家族に有効になるように、しっかり見極めて選びたいものですね。

子供保険の種類を理解して選ぶ

子供保険の種類を理解しよう

子供保険は、保険会社や郵便局、共済などで、いろいろな商品が取り扱われていて、それぞれに特徴があります。
子供保険を、保険の性格によって大きく分けると、3つの種類に分けることができます。
まず最初は、教育資金準備を重視したものである、「貯蓄」タイプです。
次に、親に万一のことがあった場合の保障や、子供の医療保障を重視した、「保障」タイプです。
最後は、「貯蓄」と「保障」の両方の機能を持つ、「バランス」タイプです。
低金利の昨今では、貯蓄だけを考えた「貯蓄」タイプは少なく、両方の機能を持つ「バランス」タイプの商品が多い傾向があるようです。
子供保険の目的をよく考え、どの種類の子供保険が必要かを決めた上で、具体的な保険選びをするのが、賢明な方法だと言えるのではないでしょうか。

子供保険のメリット・デメリットを理解して選ぶ

子供保険のメリット・デメリットを理解しよう

子供保険には、各社ごとにさまざまな種類の商品がありますが、どの子供保険にも共通しているメリットと言えば、契約者に万一のことがあった場合に、保険料の払い込みが免除される点です。
また、契約者に万一のことがあっても、お祝い金や満期金がきちんと支払われることも、どの子供保険にも共通しているメリットです。
そのほか、子供保険のメリットとしては、積立金が毎月引き落とされる形なので、なかなか貯めることが難しい学資の積み立てが、自然にできるという点が挙げられるでしょう。
子供保険の最大のメリットは、継続して積み立て貯金ができるという点だと言ってもいいかもしれません。
このような共通のメリットのほか、それぞれの子供保険の種類やタイプによって、さまざまなメリットがありますので、それぞれのメリットを比較検討して、ニーズに合った子供保険を選ぶようにしましょう。
子供保険のデメリットも理解しよう
当然のことですが、子供保険も金融商品のうちのひとつです。
金融商品には、メリットもあれば、当然デメリットもあるということを、まず大前提として頭に置いておきましょう。子供保険を選ぶ際に重要な点です。
実際、目の前の教育資金だけに気をとられて子供保険を選んでしまい、結果として損をするという人もいるのです。
今、加入しようとしている子供保険が、本当に自分たち家族の人生設計に合っているのかどうか、目の前の教育資金だけでなく、長期的な家計と見比べて
バランスをとることが非常に重要な点なのです。
子供保険ばかりに比重をかけすぎてしまうと、結果としてせっかくの子供保険に悪影響を及ぼす恐れがあります。
何事もそうですが、長期的な広い視野を持ち、愛する子供のためにもしっかりとプランを立て、その中の一環として子供保険を選びたいものです。

子供保険は資産運用として選ぶ

子供保険は資産運用として選ぶ

子供保険と資産運用
昨今、少子化のあおりを受け、教育費のインフレと言われるほど、急激に教育費の値上がりがすすんでいます。
教育費の高騰が前年比3%という、ものすごい数字を聞くこともありますが、こんな時、子供保険でやりくりができるのではないでしょうか。
ただ、子供保険ではお金が増えることはありませんので、「お金を守るための手段」が子供保険である、といえるでしょう。
教育費のインフレという状況の下、子供保険をかける一方で、資産運用についても考える必要が出てきます。
景気回復と世の中では言われていますが、実際はなかなかすぐにお金が増えない世の中ですので、少しずつ蓄えを増やす、そして蓄えたお金を運用する
ことも、親として勉強する必要がありそうです。
子供のためだけではなく、自分たち(親)の老後の備えのためとしても、上手に資産を運用していきたいですね。

子供保険はライフプランナーと選ぶ

子供保険はライフプランナーと選ぶ

子供保険選びとライフプランナー
各保険会社にはライフプランナーがいて、子供保険のプランについて、説明をしてくれます。
実は、加入者(親)とライフプランナーとの相性はとても重要で、実際、ライフプランナーとの相性が悪かったために子供保険に加入しなかったという例も多々あります。
やはりライフプランナーといってもその保険会社の社員ですから、契約を取りたいために自社の子供保険のメリットばかりを強調する人は要注意です。
逆に、デメリットについてもきちんと説明できる人であれば、子供保険を選ぶ際に有効になってくるだけではなく、信頼することもできるでしょう。
保険会社のサイトや資料だけを見ても分かりにくい点は多々あることでしょうが、ライフプランナーと直接話をすることができれば、子供保険に関する質問をすることも可能です。
このように、ライフプランナーと契約者との信頼関係は非常に大切です。
疑問や質問をどんどんぶつけ、それに対してライフプランナーがきちんと答えてくれれば、より安心して子供保険を選ぶことができます。

子供保険はFP(ファイナンシャルプランナー)と選ぶ

子供保険はFPが強い味方です。

ファイナンシャル・プランナーという職業をご存知でしょうか。
ライフプランナーは保険会社に所属した保険会社の社員ですが、ファイナンシャルプランナーは一般に保険会社からは独立していますので、中立的な立場で相談にのってもらうことが可能です。
ファイナンシャル・プランナーは、通称FPとも言われ、保険や税金など、お金についての知識を豊富に持ち、お金の運用などの面から、総合的なライフプランのアドバイスをする職業です。
子供保険を選ぶ際に、ファイナンシャル・プランナーは、非常に力になる存在となります。
ファイナンシャル・プランナーに任せれば、その家庭の、ほかに入っている保険、収入などをしっかりと把握した上で、将来を見据えて、各家庭のライフプランに見合った子供保険を選んでくれるのです。
ファイナンシャル・プランナーは、資産運用のプロフェッショナルとも言える職業です。
子供保険を選ぶ際には、ファイナンシャル・プランナーに相談するという方法もあるということを覚えておきましょう。

子供保険の設定の仕方

子供保険で重要な設定項目は3つ

貯蓄型の子供保険を対象とした場合に、重要な設定項目は3つあります。

  1. 満期金受け取りの時期の設定方法
  2. 子供保険の満期金額の設定方法
  3. 予定利率の考え方

予定利率は自分で好きに設定できるわけではありませんが、予定利率が望ましい時期に、子供保険に入ることはできますので、ある程度の選択は可能です。
子供保険を有効に活用するには、この3つの設定をよく理解することが大切です。
以下、満期金受け取り時期の設定方法、満期金額の設定方法、予定利率の考え方の順に説明していきます。

 

子供保険の予定利率の考え方
子供保険は貯蓄性が高い金融商品なので、加入時の予定利率の影響をもろに受けてしまいます。
例えば、子供保険に加入する際の予定利率が高ければ、保険料が割安になりますし、その逆も有り得ます。
よって、予定利率が高ければ、子供保険の本来の目的である貯蓄性が高くなるといえますし、逆に予定利率が低ければ、当然保険料は割高になり、貯蓄性も下がってしまいます。
結果として、払込保険料よりも還付金が少ないという、いわゆる「元本割れ」を起こしてしまうことになります。
貯蓄性に期待して子供保険に加入するのであれば、予定利率のこともきちんと勉強した上で、一番有利な状態のときに加入する必要があるといえます。

 

子供保険の満期金額の設定方法

子供保険の加入を考える時、保険の満期金の額をどれくらいに設定したらよいのか、迷われる人もあるのではないでしょうか。
子供保険の満期金の算出根拠としては、子供の大学などの学費が、一つの目安になるようです。
これをもとに、今の日本の現状から計算すると、子供保険の満期金額は、400万?500万がベストだと言われています。
ですが、現実に、それだけのお金を貯蓄するためには、毎月、高額な保険料が必要になってきます。
大学などの入学後の学費としては、奨学金などを利用する方法もありますので、最低限、入学する際に必要な金額を、子供保険の満期金額に設定しておくことをお勧めします。
大学の入学費用を算出根拠として計算すると、子供保険の満期金の額は、150万?200万くらいに設定しておくのがベターだと言えるのではないでしょうか。

 

子供保険の満期金受け取りの時期の設定方法

子供保険の加入上の注意点は、満期金受け取りの時期です。
子供保険に加入する上で、一番注意したい点は、子供保険の満期金受け取りの時期です。
実は、子供保険の満期金受け取りの時期は、各保険会社によって異なっているのです。
ご存知でしたか?
一番お金が必要になるのはやはり入学時なので、入学時にきちんと満期金が受け取れるように、契約の際にきちんと設定しておく必要があります。
次に注意したい点が、子供保険に付加する、育英年金の金額です。
育英年金は契約者に万が一のことがあった時に子供に対して支払われるものですが、この育英年金の額によっては、子供自身に所得税や住民税がかかってしまうこともあります。
場合によっては、例えば契約者が父親で、父親が亡くなって子供が育英年金を受け取った場合、金額によっては母親の扶養から外されてしまい、子供自身で国民健康保険に入らなければならないこともあるのです。
このように、後で損をしないように、しっかりと自分の家庭に見合った子供保険を選んで加入しましょう。
ちなみに一般的には、育英年金の額は40万円程度が妥当だといわれています。

 

子供保険の保障内容

子供保険の保障内容はもちろん重要です。
両親が共働きで働いている場合、子供保険はリスクに備えた万全の保険です。
子供保険につけることのできる死亡保障や育英保障は、リスクの備えということになります。
それ以外にも、子供が病気になった際に会社を休んでも、自分が休んだときのように会社から手当てが出るわけではありませんが、子供保険に入院保障をつけておけば、まさしくリスクに対する備えとなります。
また、親が自営業である場合にも、子供保険は力を発揮します。
自営業だと特に、子供が入院したりして手を取られてしまうと、その間の収入がなくなってしまうということになります。
そこで、子供保険につけることのできる入院保障があると、安心して子供の看病ができるというわけです。
子供保険につけられる保障を、しっかりと自分にとって有効であるように選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました