まつ毛エクステOKクレンジングランキング

マツエクを長持ちさせるコツはクレンジング

今やまつげエクステ、通称マツエクは女性の生活において必要不可欠なものとなっていますね。すっぴんでも付けまつげをつけたようなぱっちり目になり、彼氏の前でも自信を持ってすっぴん姿を晒せるようになった女性も多いですよね。
さて、しかしこのマツエクには困った悩みがありますね。

マツエクにクレンジングオイルはNG?

それは「クレンジング」です。自まつ毛に専用のグルーでアイリストによって施術が行われており、非常にデリケートです。水、油分などは大敵です。

だがしかし、困ったのはクレンジング。世の中に売られているクレンジングの大半にはオイルが含まれています。以外と見落としがちなのが「クレンジングミルク」と言われるもの。クレンジングオイルじゃないから大丈夫ーなんて思って後ろを見るとばっちりオイル配合。なんてことは良くあります。要注意ですね。

マツエクOKのクレンジングは落ちにくいは嘘!

だがしかし、困ったのはクレンジング。世の中に売られているクレンジングの大半にはオイルが含まれています。以外と見落としがちなのが「クレンジングミルク」と言われるもの。クレンジングオイルじゃないから大丈夫ーなんて思って後ろを見るとばっちりオイル配合。なんてことは良くあります。要注意ですね。
ここでおすすめしたいのが「拭き取り式」と「ノンオイルのクレンジングジェル」の2点です。

拭き取り式のものは最近でも多くの商品が出ていますよね。ただ私的には拭き取り式で選ぶポイントは「値段より質」です。大手ドラックストアなどでは良く売られているのでついつい値段の安いものに手を出しがち。ですが、コスパが良くてもクレンジング力はイマイチ・・・なんていうものも良くあります。拭き取りで手軽に落とせても、実はファンデやアイラインが残っていてシミやくすみの原因に。これではもったいないですね。ですが、残業帰りに疲れた時などササッとクレンジングできるのは大事ですね。

マツエクOKのクレンジングはジェルがベスト!

ここでおすすめしたいのが「拭き取り式」と「ノンオイルのクレンジングジェル」の2点です。
拭き取り式のものは最近でも多くの商品が出ていますよね。ただ私的には拭き取り式で選ぶポイントは「値段より質」です。大手ドラックストアなどでは良く売られているのでついつい値段の安いものに手を出しがち。ですが、コスパが良くてもクレンジング力はイマイチ・・・なんていうものも良くあります。拭き取りで手軽に落とせても、実はファンデやアイラインが残っていてシミやくすみの原因に。これではもったいないですね。ですが、残業帰りに疲れた時などササッとクレンジングできるのは大事ですね。
ビオデルマから出ているクレアリヌはコスパ・品質ともに良い方だと思います。
次がノンオイルのクレンジングを使う事です。最近ではマツエクしても使えるクレンジングと言うものもかなり増えてきました。ここで私がオススメしたいのがサンタマルシェのディープクレンジング(グリーンティー)。まずオススメなのが量が多い!一人暮らしなら3ヶ月はもつと思います。そして洗い上がりが非常にさっぱりしていて、ダブル洗顔なしと言うのも大きな魅力の一つです。緑茶の良い香りも癒されます。

いろいろなクレンジングを紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?クレンジングに気を使うだけでマツエクのもちは凄く変わります。決して安いとは言えないマツエク。少しの工夫で、ぱっちりまつ毛を維持していきましょう♪

ビオデルマから出ているクレアリヌはコスパ・品質ともに良い方だと思います。
次がノンオイルのクレンジングを使う事です。最近ではマツエクしても使えるクレンジングと言うものもかなり増えてきました。ここで私がオススメしたいのがサンタマルシェのディープクレンジング(グリーンティー)。まずオススメなのが量が多い!一人暮らしなら3ヶ月はもつと思います。そして洗い上がりが非常にさっぱりしていて、ダブル洗顔なしと言うのも大きな魅力の一つです。緑茶の良い香りも癒されます。

いろいろなクレンジングを紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?クレンジングに気を使うだけでマツエクのもちは凄く変わります。決して安いとは言えないマツエク。少しの工夫で、ぱっちりまつ毛を維持していきましょう♪

マツエクに使えるクレンジングを紹介したサイトですが、ラチュールは残念ながらランクインできず。しかし、まだまだ他のクレンジングに比べて名前が売れていないというだけで、ラチュールの売りといえば「まつ毛エクステに使用可能」ということですよね。

特に最近の美意識の高い若い子はまつ毛エクステをしています。すっぴんに抵抗感のある方だったり、自分にお金を投資することに躊躇いのない子など。そんな人たちの間で最初はマツエクがブレイクしたそうです。

では、ラチュールクレンジングの特徴とは一体何でしょうか?いちばんにあげるなら、洗浄成分だけで構成されたクレンジングではないということでしょうか。なので、洗顔料としても使えるし、代表例といえば朝のすっぴん肌にも普通に使えちゃうんです。それが出来るのも、保湿成分が踏んだんに使われているからですし、美容成分もしっかりと配合されているからです。

私が使用した感覚だと、保湿を最大限に重視したモイストゲルクレンジングからアイデアを貰ってるような気がします。

ではラチュールに配合されている保湿成分とは一体なんでしょう?お試しセットや、ジェルを既に使ったことのある人はご存知かもしれませんが、クレンジングの中身を出すとコエンザイムQ10やビタミンEが入っている、黄色の粒粒のカプセルがはいってるんです。それを肌に載せるととろけて配合されるので、うまい具合に分散されてお肌に馴染むんですよ。

これが病み付きになるともうラチュールから離れることはできません!是非ともおすすめですのでお試し下さい。

クレンジングの常識・種類

クレンジングと一口に言ってもその種類や使用感は様々です。種類は大きく分けて「クリーム」「オイル」「ジェル」などです。まずクリームタイプのクレンジングですが、これは肌の乾燥が気になる人や、洗顔後の肌のツッパリ感が苦手な人におすすめのタイプです。

続いてオイルは、基本的に肌のテカりが気になる人やさっぱりと洗い上げたい人におすすめのタイプです。実際に「化粧が落ちた」感覚は一番あるかもしれません。しかし、肌自体が持っている保湿成分も一緒にとってしまうので、乾燥する人にはおすすめできません。

ジェルタイプは言葉の通り、ゼリー状のクレンジングで肌にスッとなじみ、優しく洗い流すことが出来ます。ミルクタイプとジェルタイプは似ているところろもあり、肌への負担が比較的軽めですので、マッサージ代わりに使用する人もいます。また、オイルほどの洗浄力はありませんので、ポイントメイクなどにはそれ専用のクレンジング剤で一度落とした方がいいです。

最後に、クレンジング全種類において共通する大事なポイントは「決してこすらず、力をいれすぎない」ということです。洗顔をしていると、本当に落ちているのか不安になって無意識のうちに力が入っていることが多々あります。しかしそれは、自分の手で自分から肌を悪くしてるようなものです。あくまで「指の腹で優しくなじませる」ことが大事だと思います。

自分の肌に合ったクレンジングの選び方

自分に合ったクレンジングを選ぶのは非常に大切です。
何故かと言うと、自分の肌にあっていないクレンジングを使ってしまうと、どうしても肌トラブルお引き起こしてしまうからです。

特にクレンジングは美容の要と言ってもいいほど大切な作業。化粧をするという行為はお肌を傷めつける行為ですので、早急に洗い流すことが大切なんです。
日々の化粧を落とす行為にプラスして、美容液などが踏んだんに含まれたクレンジングを使うことで、お肌のアンチエイジング効果を期待することだって出来ます。

まつげエクステの施術後のメイク落とし

まつ毛エクステの施術を受けるようになってからメイクも薄くなったのですが、メイクはファンデーションと軽いアイメイクをやっていました。

メイク落としはクレンジングを愛用していたのですが、メイクが薄くてもまつげエクステをやっていると落としにくかったのです。

私は工夫しているのですが、クレンジングオイルを少しだけ綿棒につけてメイクを拭っているのです。

これでメイクも落としやすかったのですが、前よりも時間がかかりにくくなりました。あとはファンデーションだけだったのですが、スムーズにメイク落としができていたのです。

私の場合、サロンでやってもらったまつげエクステはオイル不可のものでなかったのが良かったのですが、平気でオイルが使えていました。

アイラインを引かなくなったのもありましたが、アイメイクを落とすのはそこまで苦戦しなくなっても来たのです。

メイクの落とし方はサロンのスタッフに教えてもらいましたが、参考になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました