気になる雑穀米の栄養価!実は身体に悪い?

健康的な食事に欠かせない穀米の魅力

人間の身体は食べたもので出来ている、だからこそ毎日の食事はとても大切です。
食事からとれる様々な栄養や食物繊維、酵素などが身体を作り、そして身体の調子を整えてくれる役割をする、その事自体はよくわかっているのだけれど、完ぺきな栄養を考えて常に毎日の食事作りに生かすことは、おそらく忙しい現代人には不可能に近いかもしれません。
日本人の食卓には欠かすことの出来ないお米
炊き立てのお米の美味しさは格別で、世界から認められた健康食でもある和食は美味しくて体にも良いとても優れた食事です。
でも、残念なことに日本人がふだんの食事にかける時間はとても短く、しかもその内容は高カロリーなファストフードやインスタント食品などが多くなりがちです。
食生活全体が欧米化している傾向にあることで、肥満や高血圧などの病気が多くなっているのも確かです。
でも毎日食べる食事を丁寧に作る時間がない人は、お米に一工夫するだけでも食事からとれる栄養がぐんとグレードアップします。
食卓で最も多く食べられている白米は、実は玄米に含まれているビタミンB群やビタミンEなどの豊富な栄養素が取り除かれたものです。
エネルギー源の炭水化物は含まれていますが、食べやすさを追求した結果貴重な栄養素を取り除かれたとてももったいないものでもあります。
それなら玄米を食べればいいと思いがちですが、玄米は確かに栄養面では優秀ですが、調理時間も長く白米よりもかなりよく噛む必要があります。
そこでおすすめなのが白米に雑穀をプラスして栄養価を上げることです。雑穀を加えてご飯をたいてもカロリーは変わらない上、ビタミンやミネラル、食物繊維などの白米には含まれていない栄養素が加わることで栄養価がアップします。
しかも食べておいしく、ご飯に混ぜてたくだけなので手間もかからないので続けやすいのがメリットです。

 

雑穀米は栄養価が高くどんな料理にも合う

日本は長いことお米には慣れ親しんできましたし、そればかりではなく穀物としてもお米は非常に消化吸収もよく、塩分を多く含まないのでどんなおかずを使っても食べやすい食物でもあるのです。日本の和食というものは、世界的に見ても栄養バランスも非常に整っていますし、お米があるからこそ和食というものは成り立つのです。

さらに、栄養を意識するのであれば雑穀米などを利用すると言う方法も良い手段でもあります。雑穀米に含まれている雑穀は、大麦やひえ、あわ、きび、アマランサス、はと麦、赤米、黒米など、その雑穀米の種類によっても様々なものが含まれますが、食物繊維も豊富に摂取できますし、ビタミン類やミネラル、日本人には不足しやすいカルシウムやマグネシウムなども摂取することができます。

そればかりではなく、雑穀米は味も大変に良いもので、赤飯のようなもっちりとした味わいを楽しむことができるのです。お米に香ばしさが加わることでさらに食べやすくなりますし、和食にも当然合うのですが、洋食や中華などのメイン料理と一緒に食べても非常に良く合いますし、カフェレストランなどでは雑穀米は普通のお米よりも多く使われており、女性にも大変に人気があるのです。

白米のように、お雑炊やチャーハンといったお料理に利用しても全く違和感がありませんし、白米をそのまま使うよりもビタミンやミネラルなどの栄養素や食物繊維も一緒に摂る事も出来ます。一般的に白米と雑穀米はカロリーはそれほど変わらないのですが、栄養の面では雑穀米を毎日食べた方がやはり健康には良いのです。

以前から玄米は栄養価がとても高くて体に良いと聞いていました。それで数年前しばらくの間せっせと玄米を炊いて食べていました。私は美味しく食べられて、しかもお腹の調子も良くなって気に入ってました。ところが胃腸の弱い姉にとっては消化が悪く、どうしても胃がもたれたような感じになることが度々ありました。玄米の炊き方が悪いのかな…と思い、玄米を今までより長い時間水に浸して十分吸水させてみたり色々工夫してみました。でもなかなかうまくいかず、体にとても良いと知りつつもいつの間にか普通の白米の生活に戻ってしまいました。
それからしばらくして母が黒米やひえ、きびなどがブレンドされた雑穀をくれました。お米をといだ後そこに雑穀をスプーン2〜3杯ほど入れるだけ、あとは普通の白米を炊くのと同じようにすれば美味しい雑穀米が出来上がるのでとっても簡単でした。しかも雑穀にはビタミンBやナイアシンなどの栄養素も入っているとのこと、喜んで食べ始めました。
嬉しいことに雑穀米の場合は、姉の胃腸への負担も少ないようでもたれることもありませんでした。それに雑穀米は冷えてしまっても、ちょっとモチモチした感じで美味しくビックリしました。
それからは毎日のように雑穀米を食べています。最近では色々なメーカーから雑穀が発売されているので、ちょっと変化させながら食べています。雑穀米を食べるようになってから玄米の時のように腸の調子が良くなりました。それに伴って肌の調子が良くなった気がします。美味しくて健康に良い雑穀米、これからも毎日食べていきたいです。

 

頑張って作ってくれている雑穀米を食べたい

田園の広がる地域に住んでいます。
私は米作りをしていないのですが、ご近所さんの8割りくらいはお米を作っている農家さんです。
でも、農家さんも高齢化が進んでいて、色々お話を聞いたところ、米作りをする理由も「ご先祖様が残してくれた田んぼだから売ったり人に任せるのは忍びない。」というものがトップ。
次に、手間はかかるとは言え、畑と違い田んぼの管理が楽だからという言葉を耳にします。
お米の値段は、その年によって変動して儲けがほとんど出ない年もあったとのこと。それでモチベーションが上がらないのはわかりますが、それと同時に、なんともったいないことをされているのかと愕然としました。
せっかく広大な田んぼがあるのに、それを何故チャンスと見ないのだろうかと思っていましたが、高齢の農家さんとお話をしていると、もう新しいことは考えられない、今のやり方で管理するので精一杯で、勤めに出た方が収入も確保ができて良いとのことでした。
何ともさびしい話だなと思っていると、30代の農家さんとお話する機会があり、同じ話をしてみました。
すると、その農家さんは米作りを請け負うなどして農地を広げ、おいしいお米を作ってより高く売れるように頑張っているとのこと。
その農家さんのお米を食べてみると、やっぱりダントツに美味しいのです。
JAにまとめて出すためのお米ではなく、自分の手で直接お客さんに売っていくことで、より多くの収入にしていきたいとのことでした。
これからの米作りはこういった、頑張る農家さんの手で支えられていくのでしょうし、そんな頑張っている農家さんの作ってくれた美味しい雑穀米を食べ続けたいですね。

お米を炊き込みご飯にして栄養満点に変える方法

毎日ご飯を炊いて食べるという方は多いと思います。

ご飯などのでんぷん質は体内で糖分に変わるので
エネルギー源としては良いのですが、お米だけですと
身体が必要とするビタミンやミネラル分が不足してしまいがちです。

お米ばかりを食べていると栄養不足になってしまうのですが、
このご飯に別の食材を混ぜることで
栄養を補うことのできるのが炊き込みご飯です。

炊き込みご飯に入れるおかずには
椎茸や舞茸などのキノコ類、
鶏のムネ肉などの肉、そしてひじきや海苔といった海藻類を
使うと栄養がバランスよく取れます。

特にオススメな野菜は人参です。
人参はβカロテンという抗酸化物質が
含まれていますが、βカロテンの吸収は加熱した方が
身体に吸収されやすくなります。

炊き込みご飯に人参を入れることによって抗酸化物質を取り
細胞の老化現象を抑えることができるのです。

また人参を混ぜることにより、ご飯の色合いが綺麗になり
食欲の増進に役立ちます。
人参を入れることで栄養も摂取できるし、食欲も旺盛になるのです。

さらに炊き込みご飯には別の良い点もあります。
それはただ他の食品を刻んだり混ぜたりするだけで
完成するので手間がかからないということです。

ご飯だけですと必ず副食としておかずを別に用意しなければなりません。
しかし、炊き込みご飯にしてしまえばそれだけでかなり栄養が取れるので
おかずを一品減らすことができるのです。

主婦は日頃から忙しいので、少しでもお料理にかける手間を
減らしたいはずです。
そんな方にこそ、人参の炊き込みご飯をオススメしたいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました