脂性肌におすすめの美容液5選!理由・使い方も解説

ビューティー・ヘルス

脂性肌(オイリー肌)は化粧崩れやニキビの原因にもなるため、女性を悩ませる肌タイプです。
女性だけではなく、脂性肌は男性でも悩んでいる方は多いですよね。

脂性肌以外にも肌悩みが現れる年齢になると、美容液を使用したくなります。
しかし、肌に化粧水や乳液の他にさらに美容液を使うと余計に脂性肌が増してしまいそうですよね。

でも実は、脂性肌を解消していくのにも美容液は役立ってくれるのです!
脂性肌の方に美容液がおすすめの理由や脂性肌を解消する美容液の使い方をご紹介いたします。

そもそも脂性肌になってしまう原因とは?

脂性肌はいわゆるオイリー肌のことで、顔のテカリやべたつきを感じることがあり、化粧崩れやニキビの原因にもなります。
生まれつき皮脂が多く分泌されるタイプの方から、普段の食事やストレスや睡眠などによって皮脂量が多くなり脂性肌になる方もいます。
男性の場合は男性ホルモンによって、皮脂が多く分泌されていると考えられます。
また、若い頃にニキビが多かったり顔がテカテカしているのも、10代くらいになると皮脂が増えやすくなっているためです。

このように、元の原因は様々ですが脂性肌は皮脂が多く分泌されてしまっている肌ということにはかわりありません。
また、脂性肌の多くの方がオイリー肌で悩むのと同時にニキビ・毛穴の開きや詰まりで悩んでいます。

皮脂が多く分泌されることで毛穴が開き、そして詰まる原因になります。
毛穴が詰まると、それはニキビの原因になります。

なので、脂性肌の方は多く分泌されすぎた皮脂を抑えて、適切な保湿を行っていくことがポイントになります。
そこで役立ってくれるのが美容液になります。

脂性肌の方に美容液がおすすめの理由とは?

美容液には化粧水などよりもずっと濃厚な美容成分や有効成分が配合されています。
そのため、皮脂の分泌を抑えながらしっかりと保湿も行える美容液を選ぶことができるのです。

脂性肌の方はまず、顔に余分に分泌されてしまった皮脂を除去し、そして適切な水分を与えていくことで
特に皮脂の分泌を抑えたり、コントロールをしてくれるビタミンC誘導体が配合されている美容液は脂性肌の方におすすめです。
ビタミンC誘導体には皮脂抑制の他にも抗炎症作用やメラニン色素を抑える作用があるので、脂性肌ですでにニキビができてしまっている方やニキビが跡になりシミになってしまったりしている方には役立ってくれる成分でもあります。

さらに、肌に馴染みやすいセラミドなどの保湿成分がしっかりと配合されているのが美容液の良いところでもあります。
余分な皮脂を取り除くと、今度は肌が乾燥を感じまた皮脂を分泌させようとしてしまうかもしれません。
なので濃厚な保湿成分も同時に配合されている美容液は、皮脂を抑えながらしっかりとした保湿もできる脂性肌の方にはぜひ試していただきたいアイテムになっているのです。

脂性肌の美容液の使い方とは?

基本的には基礎化粧品の使用順番である洗顔→化粧水→美容液→乳液という順番で使ってください。
脂性肌の他にシミ・シワ・美白などの悩みがある場合はそれぞれに効果のある美容液は夜に使用することをおすすめします。

朝のメイク前には皮脂を抑える成分が配合された美容液を薄く顔全体に塗り広げられる程度に使用してみてください。
美容液を朝に使用してしまうと、どうしても化粧がヨレてしまったり化粧崩れになってしまう場合には使用しない方が良いです。
また、脂性肌の方は肌荒れを起こすこともあると思いますが、そういった時には一度美容液はおやすみしてください。

そして、脂性肌から脱出できたらまたその時の肌に合った美容液を使用し続けるのがおすすめです。

オイリー肌だと美容液は使えない?脂性肌にあった美容液を選べば大丈夫!

美容液は濃い美容成分や保湿成分から脂性肌・オイリー肌の方は使うのはちょっと…と思いがちかもしれません。
でも、実は美容液は皮脂を抑える成分も配合しながら保湿やニキビ解消も叶えてくれるアイテムでもあるのです。
まずはぜひ、皮脂を抑える成分などに注目しながら自分の肌質にあった美容液を探してみてください。

そして、肌状態に合わせて美容液を使用していき、徐々に脂性肌から脱出していってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました