ビタミンCとは?成分・効果・特徴を解説

orange ビューティー・ヘルス

ビタミンCとは

ビタミンC

  • 免疫力の強化
  • 抗酸化作用
  • ストレス抵抗作用
  • コラーゲン生成

身体に対してありとあらゆる働きかけをしてくれる栄養成分がビタミンCです。
健康にはもちろん、美容にも欠かせない成分として古くから注目されているビタミンCのことをもっと知りたいですよね。実はあまり知られていない目から鱗のエピソードも話題になっています。

ビタミンCは予防医療に欠かせない

ビタミンCは、免疫力の強化・抗酸化作用・ストレス抵抗作用・コラーゲン生成などの働きがありますので、美容成分というよりは、予防医療の面でとてもすぐれた成分と言えます。なんと言っても、ビタミンCの優れた点は、効率良く全身を駆け巡ることができること。脳であろうが心臓であろうが、水成分を持っているところにはどこでも入り込めるんです。生命維持のために、人間の細胞はエネルギー生産をします。その際、細胞はどんどん酸化していくんです。車を走らせると二酸化炭素が出るように。あらゆる臓器に入り込み、酸化による錆び取りをしてくれるのがビタミンCなのです。また、ビタミンCには抗ヒスタミン作用がありますので、アレルギー対策にもなります。

美容成分としてのビタミンC

肌の土台となる真皮は“コラーゲン繊維”が占めているので、ビタミンCが不足すると生成できなくなります。すると、肌機能の著しい低下が起こります。肌のバリア機能に異常が起こり、結果的にシワやシミ、クスミ、乾燥などの肌トラブルに繋がるのです。コラーゲン繊維が不足と聞くと、美容液やサプリなどでコラーゲンを摂取すれば解決するのでは?と思う方が多いかもしれません。ですが、最初にも言ったように、コラーゲン繊維の生成にはビタミンCが欠かせません。しかも、コラーゲンは、食べると、アミノ酸に分解され、肌以外の臓器でも使われてしまいます。

ビタミンCのデメリットと画期的な進化

ビタミンCには、光・熱・空気・水に弱く、すぐに効力を失ってしまうという欠点があります。そのため、化粧品にビタミンCを配合しても、純粋なビタミンCならば数日で使い切るか、劣化した状態で美容液に配合して保存期間を長くするしかありませんでした。最近は美容液の技術が進化しているので、様々な形のビタミンCが登場しています。第二世代と呼ばれる、脂溶性ビタミンC誘導体(VCIP)製品に加え、最近では、第三世代のビタミンCと呼ばれる「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」が登場してたくさんの美容液に配合されています。即効性のある水溶性ビタミンCの作用と、持続力に優れた、体の中の酵素を使って、ビタミンCに変換する作用を持った、ビタミンC前駆体のいい所取りをした、以前では考えられなかったような、超浸透型のビタミンC製品が開発されています。でもやっぱり、人間の体にとっては、自然に一番近い天然ビタミンCが理想的。リソウコーポレーションが開発した「ビタミンC生命体」という技術は画期的ですね。長期保存が可能になった純粋なビタミンCは、肌の中での活性力も抜群。効率よくコラーゲン繊維の生成につながるので、老化をはじめとした肌トラブルにも対応することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました