マヌカハニーの賞味期限はどれくらい?保存方法は?

ハチミツは腐らないという話を聞いたことがありませんか?
事実、一般的に販売されているハチミツの賞味期限も年単位と、とても長いものが多いです。

では、現在人気が高まっているマヌカの花蜜から採取されるマヌカハニーの賞味期限もハチミツと同じように長いのでしょうか?
マヌカハニーの賞味期限や保存方法についてご紹介します。

ハチミツの賞味期限が長い理由

ハチミツにはそもそも、殺菌作用のある成分が含まれています。
適切な保存がされた100%天然ハチミツの場合は腐りませんが、混ぜものがあると、それが原因となり腐ってしまうことがあります。

しかし、日本では賞味期限を表示しなければいけないためハチミツにも表示されています。
味は変わる可能性があるので、できるだけ表示されている賞味期限内に食べきることをおすすめします。

マヌカハニーの賞味期限は?

一般的なハチミツが1年から2年ほどに対して、マヌカハニーの賞味期限は採取から短くて3年ほどで、長いものでは約5年とより長くなっています・
それはマヌカハニーのもつ通常のハチミツより優れた特有の殺菌作用によるものです。
そのため、細菌が繁殖しにくくなります。

しかし、一般的なハチミツ同様に腐らないだけであって、風味が落ちる可能性もあるので賞味期限内に消費してしまうといいと思います。
美味しいまま食べ続けたい場合は賞味期限は守ることをおすすめします。

マヌカハニーの保存方法とは?

金属製は使用NG!できれば木製スプーン使用!

マヌカハニーを食べる際には清潔な木製スプーンやハニーディッパー(ハチミツをすくう棒)を使用することをおすすめします。
それは、金属製のスプーンなどを使用してしまうとマヌカハニーの抗菌力が変質してしまう可能性があるからです。

品質が落ちたまま保存するのはもったいないです。
せっかくのマヌカハニーの良さが弱まってしまわないように気をつけてください。

季節や気温によって保存場所を決めよう!

マヌカハニーはおおよそ高温多湿、日の光を避け常温で保存することがすすめられています。

気温が高すぎると、マヌカハニーが柔らかくなりすぎてしまうことがあります。
その場合には冷蔵庫の野菜室で保存する方法があります。

逆に、冷蔵庫などで保管することで結晶化してしまう場合があります。
そういった場合には湯煎してから食べる方法もあります。

マヌカハニーはできるだけ常温で日光などが当たらない場所で、しっかりと密封し保存してください。

マヌカハニーの賞味期限まとめ!

清潔な木製のスプーンなどですくい、しっかりと密封し常温の日光が当たらない場所に保存するのがマヌカハニーに合った保存方法です。

賞味期限はなるべく守るようにしていただきたいと思います。

喉の痛みなどを感じたときにだけマヌカハニーを利用しているという方などは適切に保存することをおすすめします。

お選びになったマヌカハニーによって保存方法も異なる場合があるので、しっかりとボトルなどをチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました