マヌカハニーはどうして風邪に効果があるの?

風邪を引いてしまったときに皆さんはどうしていますか?
病院へ行ったり、市販薬で対処するという方が多いと思います。

実はハチミツは風邪への効果や風邪を予防する効果、風邪などによる喉の痛み、鼻詰まりへの効果が期待できることを知っていますか?
それはハチミツの抗菌・殺菌作用や抗炎症作用、栄養価の高さによるものです。

特に普通のスーパーなどで購入できるハチミツではなく、マヌカハニーといわれるハチミツはより高い効果を期待することができます!

風邪を引いたときにピッタリなハチミツ、マヌカハニーが風邪に対してどういった効果があるのか、どうやって飲めばいいのかなどをご紹介したいと思います!

なぜマヌカハニーが風邪に効果があるの?

風邪やインフルエンザを予防してくれるマヌカハニー!

マヌカハニーには殺菌成分である一般的なハチミツにも含まれる過酸化水素に加え、より高い殺菌効果のあるメチルグリオキサールが含まれています。
過酸化水素は熱や体内にある酵素に弱いのですが、メチルグリオキサールはどちらにも強いという特長があります。

そのため、より強い殺菌のチカラがあると言えます。
抗菌作用によって、腸内環境を整え善玉菌を優位にしてくれることで免疫力アップが望めます。
なので、風邪予防などに役立つと言えます。

また、その整腸作用によって風邪をひくと下痢になってしまうという方にもぜひ試していただきたいです。

風邪を引いてしまったときの喉の痛みにも!

マヌカハニーは毎日摂取し続けることが大切です。
それでも、喉の痛みなどを感じてしまうことはあると思います。

ハチミツを舐めるように、マヌカハニーをそのままスプーンで1杯ほど舐めることで、喉の痛みが軽減されます。

マヌカハニーは栄養もたっぷり

風邪や喉の痛みによって食欲が落ちてしまうと、食欲が低下してしまいがちになる方もいらっしゃると思います。
そうすると、栄養をしっかりとらなければいけないのに上手く摂取することができなくなってしまいます。

ビタミンやミネラル、アミノ酸などが含まれるマヌカハニーはたったスプーンいっぱいでも高い栄養価があります。

風邪を引きそうなときにどうやってマヌカハニーを摂取するの?

喉の痛みを感じたときにスプーンですくって舐めると良いとご紹介しましたが、風邪にぴったりな詳しいマヌカハニーの食べ方をご紹介させていただきます!

基本的にはそのまま舐めるだけでOK!空腹時に摂取で効果UP?!

風邪を引きそうなときや、喉の痛みを感じたときには1日に3回から4回など数回スプーン1杯程度のマヌカハニーをそのまま口に入れ、舐めるように溶かしていくだけでOKです。

特にマヌカハニーは空腹時に摂取すると、より効果的と言われています。
なので、食事をする一時間ほど前と眠る前に摂取することがオススメです。

温かい飲み物に混ぜても◎

マヌカハニーは熱にも強いということをご紹介させていただきましたが、例えばホットミルクや生姜湯にマヌカハニーを溶かして飲むのもオススメです。
喉の痛みだけではなく、鼻が詰まっていると感じたときにはより効果が期待できます。
さらにマヌカハニーには体を温めてくれるので、風邪を引いたときや引きそうなときには温かい飲み物に混ぜるのはピッタリです。

マヌカハニーを毎日飲み続けて免疫力UP!

マヌカハニーの整腸作用による免疫力向上によって風邪やインフルエンザの予防が期待できます。
そのためには、毎日マヌカハニーを摂取していくことが大事です。

一日に数回舐めるだけでいいので、続けやすいのではないでしょうか?
ぜひ、風邪予防や喉の痛みなどを感じやすいかたはマヌカハニーを試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました