マヌカハニーがピロリ菌に効果がある理由とは?

マヌカハニーはピロリ菌を除去してくれると言われています。
しかし、マヌカハニーは薬ではなく蜂蜜です。

なぜ蜂蜜であるマヌカハニーがピロリ菌を除去するのでしょうか?
マヌカハニーがピロリ菌に効果がある理由をご紹介します。

そもそもピロリ菌とは?

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜に棲みついている細菌で、殺菌しないと胃の中に居続けてしまうと言われています。

そして、ピロリ菌が存在することで慢性胃炎になり、そこから胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなど病気になる可能性があります。

ピロリ菌はそういった病気の原因となってしまうのです。

なので、ピロリ菌に感染した場合には除菌しなければいけない場合があります。
しかし、特定の病気を発症していないと健康保険が適用されません。
ピロリ菌の除菌療法は必ず薬を飲み続けなければいけなかったり、副作用(下痢や味覚異常など)もあるため、感染の可能性がある方は主治医と相談してみてください。

そこで、登場するのがマヌカハニーです。

なぜマヌカハニーはピロリ菌効果がある?

マヌカハニーがピロリ菌の除菌に効果があるとされるのは、強い抗菌・殺菌作用によるものです。
マヌカハニーにはメチルグリオキサールという抗菌活性力の高い成分が含まれています。

ピロリ菌の除菌のために処方される抗生物質は腸内環境のバランスには欠かせない善玉菌まで除菌してしまうことがあります。
そのため、副作用として下痢などになってしまうのです。

マヌカハニーはピロリ菌を除菌しながらも、整腸作用があり善玉菌を増やすことにも期待できます。

ピロリ菌に効果的な医療グレードのマヌカハニー

マヌカハニーには抗菌活性力の強さを数値で表示しています。
数値はUMF○○+やMGO○○+などと表示され、○○には数字が数字が入り、数字が大きいほど殺菌力が強いマヌカハニーになります。

ピロリ菌に対してマヌカハニーを使用したい場合は医療グレードのUMF10+またはMGO100+以上のマヌカハニーを選ぶようにしてください。
なかなかこの数値のマヌカハニーでも効果を得られない場合は、もう少し強いマヌカハニーを試してみてもいいかもしれません。
デメリットとしては、数値が大きいほどに希少なマヌカハニーになるためお値段も高くなります。

ピロリ菌除去のためにマヌカハニーを摂取する方法

空腹時にティースプーン1杯ほどのマヌカハニーを1日に数回そのまま摂取するようにしてください。
とくに、寝起きに摂取した際にはまんべんなく胃に広がるように寝転がってから、しばらく横になったままが良いようです。
またすぐに水分補給はせずに、なるべくマヌカハニーを胃にとどまらせるようにしてください。

どうしてもマヌカハニー独特の味が苦手な方はヨーグルトに混ぜてみてもいいと思います。
LG21という乳酸菌が含まれたヨーグルトはピロリ菌を減少させると言われているので、そういったヨーグルトに混ぜてみてもいいかもしれません。

マヌカハニーのピロリ菌に対する効果まとめ

ピロリ菌をマヌカハニーに含まれるメチルグリオキサールという強い殺菌作用のある成分によってピロリ菌を除去することに期待できます。
また、同時に整腸作用もあるため下痢などの副作用もないと言えます。

さらにマヌカハニーならピロリ菌除去の他にも喉の痛みを和らげたり、口内炎の改善など様々な効果を得ることが期待できます。
ピロリ菌の除菌療法であればピロリ菌の除菌だけが考えられていますが、マヌカハニーは健康維持にも役立ちますのでぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました