猫の口内炎にマヌカハニーは効果がある?与え方は?

人間の口内炎への効果で知られているマヌカハニーは猫の口内炎にも効果があるということを知っていますか?

猫の口内炎にも効果がある理由と猫へのマヌカハニーの与え方をご紹介します。

なぜ猫の口内炎にもマヌカハニーが効果があるのか

マヌカハニーには抗菌・殺菌作用や抗炎症作用があります。
猫の口内炎の原因として、口内で菌が繁殖してしまうということがあります。
そのため、抗菌・殺菌作用のあるマヌカハニーは猫の口内炎にも効果があると言えます。
また、すでにできてしまっている口内炎にも抗炎症作用によって痛みを和らげてくれることが期待できます。

また、免疫力の低下によっても口内炎ができる場合があります。
マヌカハニーには免疫力アップの効果も期待できるので、日頃から与え続けることで口内炎ができにくい状態へと導いてくれることにも期待できます。

口内炎がある猫にマヌカハニーを与える方法

猫に与える方法として、口内炎が気になる場合には歯に塗りつけたり患部に直接塗りつける方法があります。
しかし、猫は口を開けさせられるのを嫌がる場合があります。
そういった猫にはエサにマヌカハニーを垂らす方法で与えてみてください。

与える量は、まずは一滴から始めてみてください。
5kgで1.5mgほどと言われていますので、それ以下の猫の場合にはごく少量でいいと思います。

一滴のマヌカハニーを1日に多くて2回与えてみてください。
多すぎるとカロリー過多になる可能性があり、別の病気のリスクが高まりますので必ず少量にするようにしてください。

猫にマヌカハニーを与える時に注意したいこと

  • 少量にとどめる(過剰に与えない)
  • 下痢や嘔吐などをした場合には中止する
  • 子猫には与えない

人間の赤ちゃんにもハチミツは毒となります。
その理由として、ハチミツにはボツリヌス菌というものが含まれることがあるためです。
なので、子猫にはマヌカハニーを与えないようにしてください。

そして、与えた日には必ず体調や便を気にしてみてください。
また、すでに糖尿病などの病気が診断されている場合には担当医と相談してみてもいいと思います。

猫の口内炎にもマヌカハニー!

猫が口内炎を患ってしまうと、口臭がきつくなったり食事をするのが嫌になってしまったりします。
なので、改善させてあげたり予防したりすることはとても大切なことです。

ぜひ、猫の口内炎で悩まれている方はマヌカハニーを検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました